見つめるだけはNG!? 気になる人と自然に仲良くなれる心理術

【相談者:10代女性】
こんにちは。現在高校2年生です。好きな人がいるのですが、なかなか親しくなれません。もともと相手と私に共通の友達がいて、そこからTwitterでつながりました。

ほとんど話したことがなく、仲良くしたいと思いながらもいきなり話しかけたら変だよな……と考えてしまって何もできない日々が続いています。

友達に相談しようにもあまりに関わりがないので、「何で好きになったの?」と言われる始末です……。私の積極性のなさが原因だとはわかっているのですが、どうすればいいかわかりません……。

a 好きという気持ちに自信を持ちましょう。

こんにちは。恋愛カウンセラーの桜井です。お話を聞かせてくださり、ありがとうございます。

人を好きになるときって、唐突に訪れるものですよね。そして本来、そこには理由も理屈も存在しないと思います。“○○だから”好きというわけではないですよね。

むしろ、相手の好きな理由を事細かく説明できたとしたら、果たしてそれは恋なのでしょうか? ちょっと違う気がするのは私だけでしょうか。

あなたも、どうして好きになったのか友達に説明できなくても何も恥じることはありません。堂々としていましょう。自信を持ってください。「好き!」それだけで十分なのです。

あなたはご自身のことを積極性がないと認識しているのですね。確かに、「いきなり話しかけたら変だよな……と考えてしまって何もできない日々が続いています」と相談文にあるほどですから、あなたは自分から相手に対してアクションするタイプの女性ではないと見受けられます。

そして、それは美点でもあります。奥ゆかしい女性だということですから。そこで、今回は自分から積極的に動かなくても自然に相手と仲良くできる方法をご紹介します。

160108sakurai

あなたは、片思いでよくある間違いを犯していませんか?

片思いでよくやるミスとはなにか? それは、“遠くから見つめる”ことです。つまり、何もしないということ。

女性は特に、おまじないや占いの類いが好きですよね。これらに共通するポイントは“受身”ということです。自分から積極的に動くのではなく、基本的には“待ち”の姿勢です。しかし、いくら運気が良くてもアクションしないことには何も始まりません。

そこでお勧めしたいのが、自己開示です。自己開示とはなにか? というと、これはありのままの自分自身を相手にそのまま伝えることを意味します。つまり、飾り気がない自然体で接するということです。これに近い意味の言葉として、天真爛漫というものがあります。

また、人は誰かに自己開示をされると、自分もそれと同等の内容を相手に話そうという心理が働きます。これを、心理学用語で『自己開示の返報性』と呼びます。このようにお互いリラックスして関わることができれば仲良くなることも可能ですよね。

では、次に具体的な自己開示の方法を見てみましょう。

まず初めは、浅い内容の自己開示から始める

自己開示をするといっても、いきなり過去に受けたトラウマや傷ついた話といった暗くて重い内容を語ってはいけません。関係性に応じて自己開示する内容を決めていきましょう。

まだそれほど仲が良くないうちは、世間話のような軽い話をすることをお勧めします。たとえば、

・今日見たテレビ番組
・好きな芸能人
・効率的なテスト勉強の方法
・最近、友達のあいだで流行していること
・お互いが共通して知っている教師の話

などです。もしよかったら試してみてくださいね。片思いが成就するようお祈りしております。

●ライター/桜井(恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする