どうせ彼氏持ち!? アプローチしにくい“モテそう”な女性の特徴11選

【相談者:20代女性】
恋愛経験が少ないにも関わらず、周りからは「モテるでしょ?」と言われてしまいます。どうやらとてもモテるイメージを持たれているようなんです。

そのためか、周りの男性からのアプローチも少なく、恋愛に発展することがありません。男性って、どういったイメージから「この人モテそうだ」と決めつけているのでしょうか?

a 男性に慣れた態度や余裕のある感じは、モテるイメージに!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

男性たちの普段の会話を聞いていても、「あの人はモテてそう」だとか「男関係が途切れなさそう」といった類いの話をよく耳にします。

そういったイメージを持たれた女性には、男性側もアプローチの手を緩めたり、ちょっと敬遠したりするというのは珍しいことではありません。

自分がアプローチしても相手にされないだろうとか、どうせ彼氏がいるだろうと決めつけられてしまう可能性が高くなりますので、周りが勝手に抱くイメージとは裏腹に、恋愛の機会が少なくなってしまうこともありえます。

モテるイメージがある女性とは、男性と接している素振りから男性慣れしていると思わせる女性や、メイクや服装はもちろんのこと、異性に対しても焦っていない様子、つまりは、余裕を持っている女性が該当します。

しかし、性格的な部分もありますし、男兄弟の中で育った女性は、男性に対して気兼ねしない態度を取れる傾向にあるなど、さまざまな要因がありますので、自然と異性への態度を変えるということは難しいと思います。

一度、世の中の男性たちが、どういった女性のことをモテる女性だとイメージしているのかについての本音をご覧いただき、参考にしてみてください。

160108tokiwa

(1)落ち着いた態度編

『大勢の女性の中にいてもキャピキャピと浮かれた態度を取らず、ドシッと構えている女性は公私共に安定しているイメージがあるので、男性からするとアプローチしづらいと思います』(29歳男性/事務職)

『接待のシーンや、お偉いさんが多く集まる場でも、媚びることなく堂々とした立ち振る舞いができる女性』(35歳男性/営業職)

『結婚適齢期を過ぎても男性に執着していない女性は、人生の計画を共にしている恋人がいるというイメージがあります』(31歳男性/技術職)

(2)人柄編

『女性・男性を問わず、いつでも相談を受ける側の立場に立っている女性』(32歳男性/ショップ店員)

『男性の見た目や社会的な地位を問わず、どんな男性にも優しく接している女性はどこかしら余裕を感じさせるため、入り込めそうなスキが見つかりません』(32歳男性/会計士)

(3)自立編

『多数派の意見に迎合することなく、どんな場面でも自分の意見をしっかりと持っている女性』(27歳男性/薬剤師)

『男性以上に仕事ができる女性』(27歳男性/サービス業)

(4)紅一点編

『複数の男性の中に女性一人だけというシチュエーションでも、違和感のない態度で接することのできる女性』(27歳男性/営業職)

(5)会話編

『お酒の場で男性が下ネタ中心の話をしても、全く恥じらいもせず会話が成立する女性』(28歳男性/営業職)

(6)話題編

『男性関係の話題が全く出てこない女性』(32歳男性/デザイナー)

(7)男っぽさ編

『見た目はすごくキレイで色っぽいのに、どこかしら男性的な雰囲気を持っている女性は、男を求めて焦っている様子が全く感じられず、交際期間の長い恋人がいるんだろうと決めつけてしまう』(31歳男性/営業職)


男性の意見を聞いた上で導かれる答えとして、アプローチしやすい女性というのは、態度や仕草のどこかしらに男性を求める素振りがあったり、男性に頼りたがる女らしい部分があったり、男性にとって守ってあげたくなる女性であったりと、男性を吸着させる要素があるということになりますね。

もし、「自分はこういう人間だから」と性格を固定してしまっている部分がある場合や、育ってきた環境から異性に対してオープンな態度を取ってしまう場合でも、どこかしらに自分の弱さや本音を織り交ぜるようにしてみてください。

力強いイメージを周囲に与える女性にとって、実は弱い部分もあるという事実は、男性が抱く魅力的なギャップにつながる場合がありますので、不自然にならない程度に心の内をさらけ出すようにしてみてはいかがでしょうか。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする