逃げるのはムダ! 仕事が嫌になって結婚しても幸せになれない理由

【相談者:30代女性】
先日仕事でミスをしてしまいました。異動になるかもしれません。ものすごく落ち込んでいます。イライラして親友とも喧嘩してしまいました。何もかも最悪です。どうしてこんなに悪いことばかり続くのでしょうか? もう、疲れました。

今の私に残っているのは、彼との関係だけです。仕事も辞めて結婚してしまおうかと思っています。でも、こんな状態で結婚するのは良くないのでしょうか?

a 失敗したことをきちんと認める勇気を持つ。

ご質問ありがとうございます。アドラー心理学をもとにしたスピリチュアル恋愛カウンセラーMIHOKOです。

次々とつらいこと苦しいことが続いて、逃げ出したくなっていらっしゃるのでしょうか?

自分の思いがきちんと伝わらない。一生懸命がんばっていたつもりでも、何かが不足していたためにミスしてしまった。一言足りなかったために誤解されてしまった。人生にはそんなときもあります。

少し厳しいかもしれませんが、だからといって、そこから逃げ出しても何も問題は解決しないんですよね。

あなたが質問なさったのは、それをご自身でも薄々感じているからだと思います。他人に言われるまでもなく、実は自分でも気づいているのです。

でも、今はそれに気づきたくない。自分の課題だと認めることは勇気が必要です。課題に取り組むのはもう少し先延ばしにしたい、と思う気持ちは誰にでもあることだと思います。

何かの課題を乗り越えるために、失敗はつきものです。ただ失敗したことを自分がまずきちんと認めないと、次のステップに進むことができません。

失敗したことをきちんと認める勇気を持ち、失敗したことを恐れずに、そこから何かを学ぼうとする建設的な気持ちを思い出すのです。この学びは幸せな結婚につながっています。

ここで、失敗に学ぶことはあなたの人生にものすごく大きなプレゼントとなるでしょう。

160108mihoko

結婚は課題のスタートラインです

ルドルフ・ドライカースは著書『人はどのように愛するのか―愛と結婚の心理学』の中で以下のように述べています。

『結婚から逃げ出そうとしても、結婚に逃げ込もうとしても、臆病の呪いがついてまわります。もし結婚までに協力と共同体感覚が豊かに育まれていなければ、結婚への準備のために、あるいは既になされた結婚をベストにするために、慎重に育まなければなりません』

今お付き合いしている彼と結婚することに反対するつもりはありません。でも、あなたがあなた自身の課題に取り組む姿勢を持っていなければ、結婚を成就させることは難しいでしょう。

その理由は、結婚は人生の大きな課題だからです。結婚は傷ついたあなたを守りやさしく癒してくれるユートピアではありません。パートナーと共に、守り育んでいくことが結婚するということなのです。

二人で一緒に同じ方向に進むことは、時に一人で進むよりも困難だと感じることもあるでしょう。結婚には所属感、共感、信頼感、そして貢献感が必要なのです。

今のあなたには自分を信頼することが求められています。パートナーを信頼するためには、まず、あなたが自分自身を信頼しなければなりません。

どんなにつらいことがあっても、それを乗り越えたときには自分への信頼を得ることができます。自分への信頼と感謝があれば、あなたは結婚という課題に取り組むことができるでしょう。

今のあなたに起こっている出来事は、考えようによっては、あなたを幸せな結婚に導くためのレッスンなのです。大丈夫、乗り越えられないことは起こりません。

今のあなたの課題は今のあなたにピッタリなのです。勇気を出して向き合いましょう。

【参考文献】
・『人はどのように愛するのか―愛と結婚の心理学』ルドルフ・ドライカース(著)

●ライター/MIHOKO(アドラー心理学をもとにしたスピリチュアル恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする