楽しまなきゃ損! 外国人カレシとの遠距離恋愛を幸せに乗り切る方法5つ

【相談者:20代女性】
日本で仕事していた外国人の彼氏がいたのですが、もうすぐ彼は帰国してしまいます。遠距離恋愛が始まるのですが、日本国内の遠距離恋愛とは違い、会うにはお金がかかるので年に1回会える程度だと思います。

さみしくて仕方ないのと、会えない日が続いて彼の気持ちが冷めてしまうのではないかと不安もいっぱいです。何か楽しく国際遠距離恋愛を乗り切る方法があれば教えてください。

a 不安からの嫉妬や束縛はNG! 自分磨きや次会うときの予定を立てるなど、楽しむことを忘れずに。

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。

遠距離恋愛、不安でいっぱいですよね。日本国内なら、どうしても我慢できなくなったら会いに行くことができますが、海外となるとそれもできないので、不安は一層大きくなってしまうと思います。

でも、安心してください。そんな国際遠距離恋愛の末にめでたく結婚した国際結婚カップルはたくさんいます。

みんな、いろいろな方法でさみしくてつらい国際遠距離恋愛を楽しくて幸せなものに変えています。その方法を取材してきましたので、ご紹介させていただきますね!

160108coco

(1)次に会う日を常に決めておく(20代女性/フリーター)

次に会える日が決まっているのと決まっていないのとでは、気分的に全く違います。

いつ会えるか分からないという不安を取り除くだけでも、随分と気分的に明るくなれるものなので、再会してお別れのときには、次にいつ会うか決めて笑顔で「バイバイ!」と言い合えると良いですよね。

(2)定期的にテレビ電話でゆっくり顔を見ながら話す(30代女性/会社員)

今の時代だからこそできることですね。インターネットが普及するまでは、何週間もかけて手紙のやり取りをしなくてはいけない国際遠距離恋愛でしたが、今はパソコン越しに顔を見ながらお話することだってできちゃいます。

あまりに頻繁すぎると、お互いの生活リズムに影響が出てストレスになることもあるので、二人が良いなと思う頻度でゆっくり顔を見てお話する時間を設けると良いかもしれませんね。

(3)日常の写メールを送り合う(20代女性/学生)

遠く離れた海の向こうで、一体パートナーは今頃何をしているんだろう? と考えるのは、とてもロマンチックである一方、どんなにパートナーを信じていても、浮気の不安や気持ちの変化を恐れてしまうことも時にはあると思います。

でも、そんな日常に「ランチはこんなの食べたよ。とてもおいしかったから今度一緒に食べようね!」と写真付きのメールが届いたらどうでしょう?

不安だった気持ちが、安心や楽しみに変化しますよね。違う国で暮らしているということは、場所によっては気候も違いますし、相手の生活を全く想像できず、不安から嫉妬や束縛に走ってしまうことも。そうなると、二人の関係も悪化してしまいます。

お互いの日常生活を垣間見せることで、お互いに安心できますね。

(4)自分磨きを頑張る(20代女性/学生)

今度会えるときには、もっと素敵な自分で彼と会えるよう自分磨きを頑張るのは、とっても良いですね!

ダイエットしたり、エステに通ったりして美を追求するのも良いですが、内面を磨くためにも、料理教室に通うなんてことも良さそうです。

(5)語学教室に通う(20代女性/学生)

国際恋愛につきものな壁が“語学”です。今回お話を伺った方は、将来、彼のご両親とスムーズに会話ができるようになるのが目標らしく、週に何度か英会話教室に通って勉強中だそうです。

具体的な目標があれば、やる気も出てくるものなので、これを機に気合を入れて語学の勉強に没頭するのも良いですね。


いかがでしたでしょうか。さみしい気持ちはどうしても消えないと思いますが、だからこそ「好き」という気持ちをしっかり彼に伝えていくのも国際遠距離恋愛には必要です。

お互いに高め合えるような、素敵な国際遠距離恋愛ライフを送ってくださいね!

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする