一撃でノックアウト! 女性を胸キュンに導く効果的なサプライズ3つ

【相談者:30代男性】
彼女いない歴=年齢の男です。もう女性と付き合えることはないと半ば諦めていたのですが、先日、戦隊オフで少し話した女性と今度2人で食事に行くことになりました。

その日に向けていろいろ恋愛本を読んでいるのですが、とある指南本を読んで、女性を胸キュンさせると恋が成就しやすいということを知りました。

ただ、胸キュンというのがいまいち分かりません。言葉では分かっていてもそれが具体的にどういう状態になるのかがピンときません。女性を胸キュンへ導くにはどうしてやることがベストなのでしょうか?

a 基本的にサプライズがヒットすると女性は胸キュンします。

こんにちは、ライターの田坂洋介です。ご質問ありがとうございます。

質問文を読んでちょっと笑ってしまいました。すいません。ただ、あなたの真剣な気持ちが伝わってきたので僕も真剣に回答させていただきます。胸キュンというのは、簡単に言うと女性が男性にときめいちゃっている状態ですね。

あなたに身近なケースでたとえれば、帰宅して真っ暗な部屋の明かりをつけたら机の上に入手困難な激レア変身ベルトが置いてあったとき、思わず「うおっ」とのけぞってしまいませんか? その不意の一撃に「うおっ」と胸が弾んだ感覚、まさにその恋愛版が女性の胸キュンに近い状態です。

サプライズの変身ベルトを見て、あなたはそれをたいそう愛おしく思うことでしょう。それと同じく、女性も胸キュンした男性に、今後顔を合わすだけで高鳴る鼓動を抑えられなくなってしまうのです。

仮にそれまで歯牙にもかけなかった男であれ、胸キュンしたとたん、あらゆる所作が輝いて見えるようになります(姉談)。

つまり、胸キュン状態とはある行為がトリガーとなって彼を好きになり、常に彼を思うがゆえに他が全く目に入らない状態になる、というのが割と近い回答かもしれませんね。

160106tasaka

胸キュンサプライズはこれだ

その意味では、女性を胸キュンさせることが恋の成就の最も近道であるとも言えそうです。果たして胸キュンへと導く効果的な方法はあるのでしょうか。何人かの女性に集まってもらって胸キュンエピソードを聞いてみました。

(1)30代女性/受付の場合

『やっぱサプライズ! 先に車へ戻った私の座席にプレゼントが置いてあったときは、純粋にキュンとなった』

(2)20代女性/オペレーターの場合

『待ち合わせのとき、真冬なのにずいぶん薄着で登場した彼に、「寒くない?」と聞いたら「寒い」と返ってきた。

ご飯を食べたあと、冷たい風に体を震わせている彼に再度、「寒いでしょ」って尋ねたら、「寒い。だから手を握らせて」と言われたので初めて彼と手をつないだ。

帰宅し、お風呂に浸かりながらハッと気づく。「薄着で登場した理由はもしかしたら……」。彼の犠牲の精神に思わずキュンとなった』

(3)20代女性/教師の場合

『一目ぼれしたと手紙で告白された。手紙には他にYouTubeのURLとその横に75秒という謎の数字が記載されていて、何のことだか分からなかったけどとりあえず再生した。

とある歌手のPV映像の75秒目には、突如現れたきれいな女性を前に目を丸くし立ちすくんでいる男の姿が映っていた。

よくよく手紙を読み返してみると、文末にはさりげなく、「俺もそんな状態」と添えてあり、それを見た瞬間、今まで気にもしていなかった彼のことが一気に好きになった』


女性は手の込んだサプライズをされると思わずキュンとする傾向があるのかもしれませんね。しかし、どのエピソードもなかなかスマートなやり方で、サプライズを成し遂げた男性に思わず関心してしまいましたよ。

これぐらいやると高嶺の花であった女性も少しは振り向いてくれるものなのかもですね。

女性によって異なる胸キュンのツボを見極める

とはいえ、サプライズによってすべての女性が胸キュンするとは限りません。大勢の人に見守られる中、サプライズでプロポーズを行った結果、失敗したという事例もよく聞きますし。

重要なのは女性の趣味趣向を知ったうえであなたがどういった選択をするか。時間をかけた情報の積み重ねがあってこそ、女性を胸キュンさせる最適な答えが雲の晴れ間に見えてくるのです。

よって、今の僕に当の女性をキュンキュンさせるベストな方法をアドバイスすることはできません。なぜって、それを知りえる権利を持っているのはあなたをおいて他にいないのですから。

●ライター/田坂洋介(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする