化粧が自信の源!? 付録やボロボロのポーチを使う女性がブスなワケ

【相談者:30代女性】
女性として自信がありません。そのせいで、いつも男性と一緒にいて疲れてしまいます。どうしたらいいのでしょうか?

a 「どうせ私が使うだけだから」とタダで手に入ったものを使わない。

こんにちは。遅咲き姫専門家の菊乃です。

これまで、女性として自信がないという方にお会いしてきました。自信はなくてもいいのです。自信満々で、他人の意見を聞かない方ほど扱いが面倒な方はおりません。

そんなときにおすすめしたいのが、自信があるつもりになること。自分に自信があるとしたら、という目でバッグの中を見てください。どんな化粧ポーチを使ってますか?

これまでお会いした方は、化粧ポーチを持ち歩いていないか、ノベルティや雑誌の付録、古くて汚れたポーチをつかっていました。中も、ガムの包み紙や何年も使っていない口紅が入っている。

「どうせ私が使うだけだし」とボロボロのポーチを使っているのです。バッグの中に、ひとつ汚れたものが入っていると、財布などの他のモノの汚れにも無頓着になりがち。

見えないところだからと軽く扱わずに、自分しか見えないところほど大切にしましょう。

そんな私も昔は化粧ポーチすら持ち歩いておりませんでした。「化粧直しなんて面倒くさい」「私はテカりやすい」って思っておりましたけれど、後々知るのです。

キレイで自信あふれる女性は、崩れないように努力して、崩れたらこまめに直しているということを。

160104kikuno

化粧崩れすると自信がなくなる

『株式会社資生堂』が化粧直しについて働く女性500人に行ったインターネット調査では、化粧が崩れるとどんな気分になるか聞いたところ、

・(汗や皮脂でベタつくなど)体感的に不快になる(84%)
・(気分が晴れないなど)気分的に不快になる(77%)
・周囲の目が気になる(75%)
・他の人に顔を見られたくなくなる(69%)
・自分に自信がなくなる(68%)
・仕事に対するやる気がなくなる(36%)
・仕事への集中力がなくなる(34%)

という結果に。

化粧直しをしている女性も、9割は「化粧直しは面倒くさい」と答えています。面倒だけれど、そこで言い訳をせずに化粧直しをしている女性が、自信があるように見えているのです。

面倒と思いながらも、たった一人の自分に手間をかけてあげる化粧直しという行為が、女性としての自信をちょっとずつ育むのです。ドキッとした方は、ぜひ、化粧ポーチを新調してください。

いつ男性からデートの誘いがあってもいいように、恋をしたいなら恋をする準備を整えましょう。

化粧直しがしやすいポーチの特徴は、洗面台で自立する形であることと、アイテムが縦に収納できる形であること。お化粧は両手を使うので、倒れて中身がこぼれ出てくる形だと、ただでさえ面倒な化粧直しがより面倒になってしまいます。

化粧直しの時間は、自分をいとしむ時間です。もっと、自分に手間をかけてあげてくださいね。

【参考リンク】
働く女性の「化粧なおし」に関する意識・実態調査 | 株式会社資生堂

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする