ラインを意識! バランスよくコーディネートできる王道シルエット3つ

【相談者:20代女性】
いつもちゃんと試着してサイズの合った洋服を買うのに、自分でコーディネートするとなんかバランスが悪く感じてしまうことが多いです。どうしたらバランス良くコーディネートできますか?

a 王道の3つのシルエットを意識してコーディネートしましょう。

こんにちは。ミスミウラです。

せっかく気に入ったお洋服、かわいく着こなしたいですよね! 今回は、これさえ意識すれば誰でも簡単にバランスよくコーディネートできる! という3つのシルエットをご紹介します。

160103miura

(1)女の子の定番“Aライン”

『ふんわりスカートが嫌いな男はいないでしょ』(25歳男性/アパレル商社勤務)

まさに女の子の定番である“Aライン”は、下半身になるにつれてボリュームがあるシルエット。“Aラインワンピース”というのは耳にしたことのある人も多いと思います。

ちなみにこのシルエットは、ちょうどアルファベットのAでいうところの横棒の位置が、ウエストかそれよりやや上にある方が脚長効果が期待できてバランスが良いとされています。

ワンピースであれば切り替えの位置に気を付け、ボリュームのあるスカートなら少しだけ丈の短いトップスを合わせるときれいなAラインになりそうです。

(2)体型隠しに持ってこいの“Yライン”

『太ももがコンプレックスだから、パンツを履くときはいつも大きめのトップスを選んじゃう』(26歳女性/受付)

下半身にボリュームを持たせたAラインに対して、上半身をゆったりさせる“Yライン”。こちらもアルファベットの通り、ボトムスはぴったりしたものを選ぶのが定番です。少し大きめで丈の長いトップスから出る脚は、自然と細く見えます。

また、2012年から2013年にかけて流行したペンシルスカートやタイトシルエットの反動でトレンドになっている“ビックシルエット”は、2016年に入った今でもまだ続きそうです。

ゆるめのトップスは着ていても楽なので、簡単に取り入れやすそうですね。

(3)いつの時代も定番の“Iライン”

『結局、普通の服を普通に着こなしている人が一番オシャレに見える』(30歳女性/アパレル)

シンプルisベストで余計なものを取り入れない分、コツさえつかめば簡単におしゃれ上級者に見える、この“Iライン”。

いつの時代も定番なことは間違いないですが、昨年2015年はNY発の『ノームコア(究極の普通)』ファッションが大流行しました。なんでもないTシャツやセーターに、普通のデニム。なんといってもジャストサイズを選ぶのがポイントですね。

女性はニットのワンピースやロングスカートでもこのシルエットを作れそうです。鏡を見て、「なんかこの部分ボリュームあるな……」と感じたら思い切って取り外すか、ボリュームのないものに替えるのもありかもしれません。


どんなに良いものやおしゃれなお洋服であっても、着こなすバランスが悪ければその良さは半分も生かせないですよね。きっと、一つひとつのアイテムや着る人自身によって、得意とするシルエットは違うと思います。

もしコーディネートのバランスで悩んだときは、「この洋服ならどのシルエットが作りやすいかな」と、色やテイストを合わせるのと同じように今回の3ラインを意識してみてはいかがでしょう。自分の中での鉄板コーデが作りやすくなると思います。

●ライター/ミスミウラ(ファッション・恋愛コミュニケーション研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする