夏よりヤバい!? “冬の汗”がクサい理由とニオイを防ぐ食品

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。

夏は衣服に汗ジミがついてしまうので気にする人が多い脇汗ですが、実は冬の脇汗の方がにおいやすいことをご存知でしょうか?

今回は、なぜ冬の汗のにおいが強くなりやすいかを体の機能から、そして、それを防ぐ食事法を栄養学からご紹介したいと思います。

151231sayuri

冬の汗はにおいがキツイ!?

汗をかくという機能は、水分を皮膚から蒸発させてその気化熱で上がり過ぎた体温を下げるという働きを持っています。

従って、気温の高い夏は大量の水分が汗として出るので、汗に含まれる尿素や窒素、アンモニアなどのにおい成分の濃度も低くなります。

しかし、気温の低い冬に、電車やバスの中から厚着のまま人が密集する社内などの気温の高い場所にいくと少量の汗が出るだけなので、夏のようにこまめにふき取ることをする人も多くないと思います。

すると、皮膚にある常在菌が繁殖し、もともと汗に含まれていたにおい成分に新たなにおい成分を増やしてしまうことになります。

エクリン腺とアポクリン腺

汗の出る器官を汗腺といいますが、汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の二種類があります。

エクリン腺は全身にあり、肉眼では確認できないほどの小さな汗腺です。そこから出る汗にはごく少量の尿素やアンモニアなどが含まれていますが、99%以上が水分であるためほとんどにおいはありません。

一方、脇の下や外耳道、おへその周りなどごく一部の部位にしかないアポクリン腺から出る汗は、糖質、脂質、タンパク質、ビルビリン酸などさまざまな栄養素を多く含んでいるため、常在菌が繁殖しやすく、それらの栄養素を分解するときに独特のにおい成分が生産されます。

これが俗にいう“腋臭”という独特のにおいを発するものです。本来このにおいは異性を引き付けるフェロモンのような役割を持っているのですが、今では好まれることはなくなっています。

和食中心で緑黄色野菜多めの食事がにおいを消す!

動物性のタンパク質や脂肪が多い食品は腸内で悪玉菌を増やし、腸内環境の乱れによって発生するにおい成分が一部肝臓で分解しきれず汗に混ざって分泌されるので、野菜や魚が中心の和食が体臭予防には効果的だといえるでしょう。

また、和食の定番ともいえるゴボウやコンニャク、里芋などの煮物は食物繊維が多く、これも腸内環境を良くしてくれます。

さらに、メカブやもずくなどの海藻類に含まれる『フコイダン』や『アルギン酸』は腸内でにおい成分を包み込んで排泄を促してくれます。

こうして見てみると、改めて和食が世界中から注目を集めている理由が分かるような気がします。

柔軟剤などの強い香りで誤魔化さず、食品やちょっとしたケアでにおいの解決ができるとしたら、どちらの手段を選ばれるでしょうか?

情報が溢れている今の時代だからこそ、根本的な改善、解決に目を向けていきましょう。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする