「何もしてない」は嘘!? キレイ女子がコッソリやっている自分磨きとは

こんにちは。メンタル&美容スペシャリストのバニラです。

よく女優やモデルなどが「なにもしていないよ」というような発言をしていますよね。本当かな……? と首をかしげてしまいますが、普段の生活そのものが自分磨きになっていてやるのが当たり前なのかもしれませんね。

しかし、女優やモデルとまではいかなくても、身近にもすてきな女子がいませんか? きっとすてきな女子たちは、コッソリと自分磨きをやっているに違いありません。あなたもぜひコッソリとまねをしてみましょう。

151229banira

なによりも睡眠が基本です

どんなに高価な化粧品を使用しても、睡眠不足や質の悪い睡眠では絶対にキレイにはなれません。ご存じの方も多いかもしれませんが、肌をはじめとする体中の細胞は寝ているあいだに再生され生まれ変わるのです。

ただし、ただ眠れば良いというものではありません。眠っている時間と眠りの質がとても大切なのです。夜の10時から2時まではお肌のゴールデンタイムと言われていますので、この時間にぐっすりと眠っていることが望ましくなります。

しかし、10時に眠るのはさすがになかなか難しい部分もあると思いますので、最低でも0時半までには眠りにつくようにしましょう。

特に眠り始めの3時間の質が良いと成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、寝付きが良くなる工夫をすることがポイントです。

寝付きを良くするポイント

・就寝の1時間くらい前から照明を落とし、『メラトニン』の分泌を促しましょう
・枕の高さは7cm前後だとぐっすり眠れます
・眠りの前にはストレッチで体をほぐすと熟睡しやすいです

※メラトニンとは睡眠ホルモンの一種で、暗くなると分泌され、脈拍、体温、血圧などが低下し睡眠の準備に入るため眠くなります。

自分磨きは外側からのお手入れだけではありません

自分磨きは、毎日の生活をほんの少し意識することでいくらでも行うことができます。当たり前と思うことでも、実際にはできていないことも多いものです。また、自分磨きは必ずしも外側からだけのお手入れとは限りません。

最初のうちは忘れないように意識して行うことで、知らず知らずのうちに習慣になってしまいます。たとえば、こんなことに気をつけてみてくださいね!

・歩くとき、立っているとき、座っているときの姿勢
・肌のお手入れをするときに、キレイになりたいと心を込める
・食事をおいしく楽しんで食べる
・マイナスなイメージをもたないようにする
・好きな趣味、打ち込めることをみつける
・常に笑顔でいる
・充実した1日を送る(グチを言ったりしない)
・いつも恋をしている(パートナーがいるいないに関係なく)

いかかですか? 自分磨きといえばエステや化粧品を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、決してそれだけではありません。内面からの自分磨きこそが本当に美しくなれるための近道なのですよ!

【参考文献】
・『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア事典』吉木伸子・著

●ライター/バニラ(メンタル&美容スペシャリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする