5人に1人が恋人GET!? ネットでの出会いの実態と注意ポイント3つ

【相談者:20代男性】
友達の勧めで街コンに参加したんですが、口下手で思うように出会いが得られずに悩んでいます。

Facebookを使った婚活サービスが出会えるというのでやってみようかなと思っているんですが、ネットからの出会いはまともな出会いが少ないとも聞きます。

ネットからの出会いで、注意すべきポイントってどんなことが考えられるでしょうか?

a 合コンや街コンと同じように、根気よく出会いを求めることが必要になってきます。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

Facebookを利用した婚活マッチングサービスが話題になっていますよね。オンライン上の出会いというと、「出会い系のイメージが強くて危険」「出会えても人に言えない」といった印象を抱く人も多いはず。

でも、ネットで出会いを求めている若年層が増えたことから、最近そのイメージが変わりつつあるようです。

151229yukimi

いまや5人に1人がネットで恋人を作ってる!?

そもそも、ネットから出会いを求めている人はどのくらいいるのでしょうか?

『株式会社エウレカ』が男女3,050人に「パートナーとはどこで出会いましたか?」とアンケート調査を行ったそう。

すると、「インターネット上」と答えた25~29歳の男女は21.53%。30~39歳の男女においても21.29%という結果が出たそうです。

すなわち、いまやアラサー男女の5人に1人がネットから恋人を作っている、と言っても過言ではないのかもしれません。

出会いを求める際に注意すべきポイント3つ

とはいえ、合コンや街コンといった生身の出会いと違って、オンライン上の出会いは勝手が異なることも多いものです。

では一体どんなことに注意して出会いを求めたらいいでしょうか? 考えられるポイントを挙げてみました。

(1)プロフィール情報だけで判断しない

出会いのツールによっては、プロフィール情報が記載されているはず。大抵はこのプロフィールを見て、「この人いいな」と声をかける人が多いと思います。

でも、ちょっと注意したいのが、プロフィール情報だけで相手を判断してはいけないということ。写真がいくら格好良くてもかわいくても、実物は……という可能性もあるかもしれません。

(2)駄目で元々の精神はネットも同じ

少しでも気になった人には、自分から積極的に声を掛けることも大切です。駄目で元々。このあたりは、合コンや街コンと同様のはずです。

声のかけ方に気を配るように、メッセージのやり取りも相手が興味を引くように工夫してみましょう。

(3)お互いのプレッシャーを少なくする

いくらオンライン上でやり取りが弾んでも、リアルで会ったら思うように会話が弾まないことも少なくありません。

そのため、「たとえ恋愛関係になれなくても、友達としてやり取りできるといいよね」とひと言交わしておくと、お互いに相手に会うプレッシャーが少なくて済みそうです。

ネットからの出会いも失敗は付き物!?

ネットの出会いもリアルの出会いと同じように失敗は付き物です。失敗をしながら自分なりのやり方を培っていくこと。

そして、少しでも良い相手と出会えるようチャレンジしていく姿勢が大事になってくるのかもしれませんね。

●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする