重いのがイイ? 恋愛に執着する“めんどくさい異性”に惹かれるワケ2つ

【相談者:20代女性】
こんにちは。20代後半のOLです。いきなり相談に入るのですが……わたしは“めんどくさい男性”が好きです。

たとえば、別れ話をしても何度もしつこく食い下がってきたり、連絡が面倒なほど来たり……そういう面倒な男性に惹かれる傾向にあります。

しかし、周りの男性にもこうした“めんどくさい女性”が好きな人が多いことに驚いています。重い女はモテない……というのが定説だったはずなのに、意外と多そうです。

彼らは口で言っているだけなのでしょうか? “めんどくさい異性”を好きになってしまう心理を教えてください。

a わかりやすく感情を自分にぶつけてくれる相手で、“出来合いの愛”を体験できるから。

こんにちは。欲望デザイナーのriiihoです。ご相談ありがとうございます。

実際、ライターのわたしの周りでもよく聞く言葉です。男女問わず、「縛られて縛り合うぐらいの恋愛がしてみたい」「人を思いっきり好きになりたい」などと重い恋愛を望む声は多いようです。

いわゆる、“めんどくさい異性”との恋愛ですね。

そんな異性に惹かれる理由は2つあると考えられます。1つ目は、今の時代における深い付き合いのむずかしさ

連絡を取ることが容易になり、たくさんの余暇をつぶせるツールが出てきた今では、恋愛にのめりこまなくても毎日を充実して楽しく過ごせるようになりました。

そのため、逆に深い付き合いに飢えている現実があるのです。

2つ目は、とりあえず恋愛ができた気になるというお手軽さです。相手を好きになり恋愛をするという行為は、本当はすごく時間がかかることで、内面を知らなければできないもの。

手っ取り早く執着してくれるというのは、そんなお手軽な恋愛ができる安心感として魅力的に思えるのかもしれません。

それでは、順に見ていきましょう。

151224riiiho

(1)深い付き合いに飢えている

『実際、深い付き合いができる人ってすごく少ない。大人になるにつれて、ずっと一緒に過ごす相手ってどんどん減ってくる気がする。人付き合いがドライになる分、余計、恋愛でそういう感覚を望むのかもしれない』(24歳男性/エンジニア)

『わたしが若いころは、電話ひとつかけるにも向こうの実家の置き電話にかけなきゃいけなかった。連絡を取る手段もあまりなくて、会える機会もとっても貴重だった。その分、会えない時間に相手のことを考えて……。なんだろう、本当に考えて恋愛する時代じゃなくなったっていうのはあるかもね』(38歳女性/専業主婦)

人付き合いに対してどうしても淡泊になりがちな傾向にある現代。簡単にコミュニケーションが取れるからこそ、相手に対する情熱などは薄れていってしまっているのかもしれません。

年齢的な成長と相まって、深い付き合いを半ば美化するように望んでいるところもあるのかもしれません。

(2)真剣な恋愛をお手軽にする“出来合い”の相手

自分と関わる異性に対して執着がある人はいるものです。どんなに自分に気持ちがなくても、相手に自分を見てほしいという気持ちが強いのです。ただ、そんな“めんどくさい異性”を選ぶ理由はいったい何なのでしょうか。

『真剣な恋愛がすぐできる(笑)。自分に入れ込んでくれる相手がみんなほしいんじゃないかな。愛されている感覚になって満たされるし』(21歳女性/大学生)

『わかりやすく自分に感情をぶつけてくれるから、楽。恋愛を育てるまでのプロセスがいらない感じ』(34歳男性/不動産)

人に執着があったり、少し感情の伝え方が大げさだったりしてズレている人たちこそ魅力的に思える理由がここにあります。いわば、わかりやすく自分を満たしてくれるのです。

“めんどくさい”という楽さに逃げるべからず

“めんどくさい異性”との恋愛は一言で言えば楽です。ただ、彼ら彼女らはあなたという1人の人間に執着や特別な気持ちがあるというわけではありません。誰に対してもそうなのです。

寂しさからそんな出来合いの恋愛をしても、きっと響く恋愛はできないでしょう……。その楽さにどうか逃げないでくださいね。

●ライター/riiiho(欲望デザイナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする