目指せポカポカ美人! 冷え性を予防&改善する“温め食材”3つ

【相談者:30代女性】
冷え性にはキツイ季節になりました。厚着をしたり温かい飲み物を飲んだりしても手足が冷え冷え。彼と手をつないでも、「手が冷たいね」と言われてしまいます。

美容のために今年こそ冷えを改善したいです! 冷え改善に役立つ美容法を教えてください。

a 運動習慣と食事で血行のよい体づくりを。

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

冬になると体の冷えが気になりますよね。冷えは血管を収縮させて体温をコントロールする自律神経の働きが鈍り、血管の少ない手足や腰の血流が悪くなることが原因だと言われています。

体質やホルモンバランスの乱れ、代謝機能のダウンなども影響しているのだとか。

しかし、積極的に体を動かして血流をアップさせたり、血行をよくする食べ物を食べたりすることで、自律神経の働きを高めることができます!

今回は、栄養学にもとづく“冷え改善食材”をご紹介したいと思います。

151225haruna

食べて血行アップ! 体を温める代表食材3つ

(1)ニンニク

冷えを解消する代表食材のひとつ“ニンニク”。体の末端の血管を拡張させて、手足の先まで温める効果があります。

また、心拍数や血圧を上げる交感神経を刺激する作用もあるので、全身の活力を高める効果も。ニンニクオイルなどを調理に使うと新陳代謝をより上げてくれると言われています。

(2)ショウガ

冷え対策と言えば“ショウガ”。辛味成分と精油が体内で血管を拡張して、血行を促進させます。冷え予防&改善には欠かせない食べ物ではないでしょうか。

ショウガは毎日食べ続けることが大切です。ショウガ湯を飲んだり、紅茶にショウガを加えてジンジャーティーにしたり。

チューブタイプのおろしショウガを持ち歩けば、外で楽しむティータイムにもショウガを加えることができます!

(3)赤唐辛子

辛味成分の『カプサイシン』が毛細血管の血流をアップして体を温めてくれます。消化器系を温めて食欲をアップさせる効果もあり、しっかり食べて冷えとりをしたいときに役立ちます。

細かく刻むとより辛さが増すので、お好みで楽しんでみましょう。

体を冷やす食材には要注意を!

体を温める食材があれば、冷やす食材もあります。冷え性が気になる方は、普段から体を冷やす効果が高いものを好んで食べているケースが多いので注意してみましょう!

・ナスやキュウリ、トマトなどの夏野菜
・サラダなど生野菜
・パイナップル、マンゴー、パパイヤなど南国のフルーツ

一般的に夏が旬の食べ物には体を冷やす効果が。食べ過ぎないように意識してくださいね。また、サラダも体を冷やす野菜ばかりなので、温かくして食べるように工夫しましょう。


体を温める代表食材をご紹介しました。すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて“これだけは食べておきたい大切な食材”として積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

【参考文献】
・『食べて治す医学事典』主婦と生活社・編集

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする