9割の女性がタバコNG? 結婚相談所で人気が集中する男性の特徴6つ

こんにちは、仲人士の忽那里美です。結婚相談所を経営しています。

今回は、以前のコラム『容姿も外せない? 男性が結婚相手を選ぶときに重視するポイント4つ』の男性バージョンになります。

20代から70代の女性会員は、どのような男性を希望されると思いますか? ぜひご一読ください。

151221kutsuna

結婚相談所で女性が口にする“結婚相手に求める男性像”はこちらです!

まず、以前のコラムでご紹介した、結婚相談所で人気が集中する女性のポイント4つを再掲します。

・あまり太り過ぎていない女性
・明るくて話し上手な女性
・子ども好きな女性
・お料理好きな女性

頭の中で、「こんな女性かな?」とイメージできますでしょうか?

それでは早速、“人気男性”のポイントを見てまいりましょう。共通項はあるのでしょうか?

結婚相談所で人気がある男性の特徴

(1)タバコを吸わない男性

なぜこの項目を最初にご紹介するかといいますと、9割の女性がこの条件を希望するとともに、「タバコを吸う男性が絶対に良いです!」とおっしゃる方が今まで一度もいらっしゃらなかったからです。

『職場も禁煙、レストランも禁煙席を希望するので、煙に抵抗があります。自分のため、お相手の健康のためにもタバコは吸わないでほしい』(20代/研究職)
『大変失礼ですが、呼気が臭うので、生理的に受け付けられません』(30代/金融)

男性が「妻が妊娠したのをキッカケにタバコを辞めました」とお話しされるのをよく聞きます。いずれ辞めるおつもりがあるのであれば、婚活を機会に禁煙されてはいかがでしょうか?

(2)一人っ子ではない男性

少し前までは“長男でないこと”が条件に挙がっていましたが、最近では少し変わってきています。少子化ということもあり、“次男”を希望することが難しいと皆さま理解されているようです。

『お相手のご両親の介護となったとき、一人っ子の方だと負担が全てかかり心配。お姉さまでも、妹さんでも居てくれれば心強いです』(40代/会社経営)
『一人っ子の方ですと、なにかにつけて相手のご両親が干渉してくるのではと気になります。「孫の教育方針にまで意見してくる」と友人から聞きました』(30代/デザイナー)

「家族構成を言われてもどうしようもないよ」というのが該当男性の本音だと思います。しかし、先日面談させていただいた男性の一言が頼もしく感じられましたのでご紹介します。

『自分の親はかなり出しゃばりだと思いますが、お相手のことは自分が守ろうと思いますから』

こう言っていただけると、女性もうれしいですね。

(3)年収400~500万以上の男性

現在、都内で子ども二人を育てながら生活をしていくのにどのくらいの収入が必要かといいますと、“世帯年収800万”といわれています。会員の女性もよくご存じのようです。

『お相手の年収で足りない分は、私が働こうと思います』(30代/看護師)
『共働きは構いませんが、自分が妊娠・出産・子育て中に収入が無くなるのは心配です』(20代/専門学校職員)

何度もコラムで書いていますが、結婚は生活です。恋愛の延長ではありません。収入が不安定な男性は、敬遠されがちです。

また、近々に転職の予定がある……という男性も、なかなかお見合いに至りません。シビアですが、これが結婚相談所の偽らざる状況です。

(4)身長167センチ以上の男性

男性は“太り過ぎではない女性”を希望されますが、女性は“ポッチャリした男性”“お相撲さんのような体型”を望まれる方もいらっしゃいます。

その代わり、身長に関しましては“自分より高い方”“170センチくらいの方、もしくはそれ以上”の男性に人気が集中しています。

『生まれてくる子どもが男の子だったら、やはりこの時代、高身長になってほしいです。遺伝的なことも考え、お相手は170センチくらいあってほしい』(20代/公社職員)

ただし、この項目に関しましては、実際に男性とお会いしてみて、お人柄や感性などが合えば気にならない……という女性もいらっしゃいます。“絶対条件”ではないようです。

(5)自分の仕事に誇りを持っている男性

女性会員さまのほとんどが、現在お仕事をされています。そして、結婚後も働くことを希望されています。

一日の多くを占める“働く時間”をなんとなく過ごすのではなく、やる気をもって取り組む男性に魅力を感じるようです。

『仕事に不平不満ばかり言っている男性はちょっと……』(40代/商社)
『結婚後に、仕事を辞めたいと言われては困ります』(20代/大学職員)
『仕事にいい加減な方ですと、すべてに責任感がないように思います』(30代/カウンセラー)

女性も働く時代ですが、本能的に「守ってもらいたい」という気持ちがあります。それは、自分が働けない期間(妊娠・子育て中)を男性に養ってもらわなければならないと分かっているからです。

そのため、安定した収入をもたらしてくれる=働いている男性を希望し、嫌々ではなく“誇りを持って”仕事をしてほしいのだと思います。

(6)飲食の好みが合う男性

こちらも根強い人気です。女性はグルメに興味があり、おいしいお店や新しくオープンしたお店など、今までに何度も足を運んでいる方が多いです。

結婚しても、子育て中でも、高級店でなくてもいいので外食をしたいとおっしゃいます。“食べることに興味がある”“好き嫌いがあまりない”男性は人気があります。

また、最近は飲酒を習慣にしている女性も多く、できれば自宅で一日の終わりにお相手と一杯……とおっしゃいます。

さらに、当たり前のように「男性もお料理ができる方がいいです」「一緒に作りたいです」と口にされます。

女性は男性の“生活力”を冷静に判断しています

実は、女性が希望する男性像はまだまだあります。男性は、冒頭でご紹介した4つのポイントにほぼ集約されるのですが、女性は条件が細かく、こだわりも強いのが特徴です。それだけ現実的なのかもしれません。

恋人選びならば、“容姿が良い”“話が面白い”“優しい”などが上位に入ってくるのかもしれませんが、結婚となるともっと地に足の着いた“生活力”のある男性を求めるということです。

男性はいつまでも女性に「笑顔でいてほしい」「明るく出迎えてほしい」などイメージで語る方が多いのに対し、女性は“収入”“職種”“学歴”など目に見える条件を判断材料にされます。

どちらが良い、悪いという話ではなく、男女の違いや傾向を今回のコラムでご紹介させていただきました。ご参考になればうれしく思います。

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (16)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする