誘惑に打ち勝つ! ダイエットのモチベーションをUPさせる心理テク

【相談者:10代女性】
同じクラスの男子を好きになりました! だけど、その男の子はモテるのでライバルがたくさんいます。私はデブではないけどナイスバディというわけでもなく、ややぽっちゃりしています。普通体型よりは太り気味です。

ダイエットをして痩せてから告白しようと思っているので、効果的なダイエット法を教えてください。

a 『見物効果』を使ってダイエットしましょう!

こんにちは。恋愛カウンセラーの桜井です。状況を教えてくださりありがとうございます。

恋をすると女性はきれいになるって言いますものね。美への意欲が沸くような素敵男子を好きになれて良かったですね。

そこで、今回はダイエット成功のために役立つ心理学をご紹介します。それが『見物効果』と呼ばれるものです。

151217sakurai

友達とダイエットすれば『見物効果』で成功しやすい!

見物効果とは社会心理学用語なのですが、コトバンクによると、『人が仕事や作業としてなんらかの行動をしているとき、それを他人が見ていることによって、その行動の量や速度、質などが影響される事実』を指します。

たとえば、受験対策として塾に通うという場合でも、友達と一緒に宿題をしたり、勉強会をすることによってお互いをチェックし合ったりすることができますよね。

自分1人で勉強するよりも、他人と勉強しお互いの進み具合を見せ合っている方が学習に対するモチベーションを維持しやすいということはあると思います。

ダイエットにもこの見物効果を持ち込みましょう。

あなたの周りでダイエットをしたいと口にしている友達はいらっしゃいませんか? もしいたら、「一緒にしない?」と誘ってみてはいかがでしょうか?

そして、2人でランニングをしたり食事制限のメニューを決めたりしましょう。たとえば、ポテトチップスやジャングフード、おやつは食べない、というように。

このように誰かと一緒に行うことによって、ダイエットを阻むあまたの誘惑に打ち勝つことができます。

また、1人で行うとつい無茶なダイエット計画や極端な減量プランを練ってしまうものです。そこに第三者の視点が加わることによって、「ちょっとやり過ぎじゃない?」という風に歯止めをかけてくれることも期待できます。

もし一緒にしてくれる友達が見つからなかったときは、家族に協力を仰ぎましょう。

焦って結果を求めないこと

また、女性は生理などによって体重に変動をきたすことがあります。そのようなときに、太った痩せたと一喜一憂するのはやめましょう

大事なのは、体重計の数字ではなくパっと見の印象です。二の腕の太さが気になるのであれば袖ありの服を着るようにし、ノースリーブは避けましょう。痩せて見えればそれでオッケーですから、気楽にいきましょう。

●ライター/桜井(恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする