直談判はキケン!? 社内不倫を目撃したときの最適な対処法3つ

【相談者:20代男性】
会社内で不倫疑惑のある2人についてですが、みんなウワサ話程度でそんなに気にも留めていませんでした。しかし先日、たまたま夜中に同僚女性の家の近くを通った際に、男性上司の車が停まっているのを見てしまいました。

今まで心の中で「単なるウワサ」だと思っていた部分もあり、すごく動揺してしまいました。私自身、少し彼女のことが気になっていたこともあって、ショックです。

次の日も一緒に出社した様子で、昨日の状況を思い出すととてもじゃないけど見ていられませんでした。上司も非常に尊敬できる人なので、残念というか、いろんな意味でショックです。

このまま黙って過ごすのはイヤですし、気持ちとしては彼女に不倫なんかやめて僕と付き合ってほしいと思っています。

そこで相談なのですが、思い切って直接上司に彼女との関係を問いただすか、もしくは彼女に見てしまったことを話して彼女の気持ちを聞くか、また他に何かいい方法があれば教えてほしいです。

a あまり行動に出るのは×。さりげなく彼女の悩みの相談役になれれば望みはあるかもしれません。

相談ありがとうございます、恋愛観察専門家の貴千尋です。

好きな子の社内不倫ですか、これまたキツイですね。私だったら出社するのが毎日つらくなると思います。しかも上司も同じ職場にいて、決定的瞬間を見てしまった相談者さんは今おつらいでしょうね。

若いうちの不倫って、本当に相手が大人っぽく見えて魅力的なんですよね。ましてや仕事もできる上司ともなると、なおさらです。

しかし、ここで感情のままに行動してしまうと、相談者さんがかえって不利な立場になる気がします。今回は社会的な視点と、恋愛的な視点にポイントをおいて取材をしてきましたよ。

151217chihiro

(1)最悪の事態を想定する

『私は、同僚の不倫を本人に聞いたら「黙っておいてほしい」と懇願され、特に誰かに言うメリットもなかったので了承したら、その後2人が会いやすいようにいつも口裏合わせに使われました』(20代女性/雑貨店勤務)

彼女は同じ職場内の同僚(女性)の不倫を指摘したときに、彼女に泣きつかれ、協力するつもりはなかったもののいつのまにか嘘の飲み会要員にされ、自分まで彼女の不倫を応援している気分になりつらかったそうです。

彼女にもう付き合いきれないとキッパリと宣言したら、仕事のミスなどを押し付けられるようになったとのこと。上司も彼女の味方ですし、彼女は無力だったそうです。

相談者さん、彼女に直接聞くのはやめておいたほうがいいかもしれませんね。

(2)さりげなく悩み相談にのる

『軽く飲みに誘って、恋愛の話になったとき彼女の方から不倫を告白してきたことがあります。当時、恋愛感情は特にありませんでしたが、結果付き合うことになりましたよ』(30代男性/建築業)

不倫している女性って、誰にも相談できず悩んでいる人も多いです。そこで男の人が優しく相談に乗ってくれると、案外心を開いてしまうんですよね。

相談者さんも、彼女を軽く誘い出し、気分転換させてみるのはいかがでしょうか? 彼女も、実は不倫を“やめたいけどやめられないループ”にはまっているのかもしれませんよ。

あくまで“不倫をしている彼女”の味方ではなく、純粋に彼女の味方として自分の存在価値をアピールしてみては?

(3)上司の方から別れされる

『男性上司に聞いてみる。彼女とは絶対にそれについて話さず、既婚者サイドをつつくのはアリだと思います』(30代女性/事務職)

いくら純粋に好きな気持ちがあったって、結局社会的に不利な立場にいるのは既婚者の方です。

そこに対して、「本気で別れる気がないなら、職場内でそういうのはやめてもらえませんか?」と上司に問うてみるのはアリかと思いますよ。

そこで気をつけてほしいのが、相談者さんの彼女への気持ちを悟られてはダメだということです。

私的感情で意見していると上司が気付いたら仕返しが怖いですものね。あくまでも“社内環境的にダメなこと”という大義を示しましょう。


いかがでしたでしょうか? 今回はちょっと内容が内容だけに、相談者さんも冷静ではないでしょうね。明日もあさっても2人と一緒に仕事をするのですからね。

上記のアドバイス、私としては2番目がオススメかなと感じました。彼女とはあくまでも“不倫”というフィルターを通さず接すること。何も知らないフリをするのとでは少し違います。

ありのままの彼女を改めて見つめてみてください。

そこで、嫌な感情が生まれたり、今まで通り好きでいられないと感じたりするのであれば、そもそもその現場を目撃してしまった時点で相談者さんの彼女への気持ちは冷めているだと思います。

男女が存在すれば、何かしら色恋沙汰が起きてしまうのは大人になっても変わらないものです。

そこで倫理観を持ち、理性を保つのが社会人だと思うのですが、相談者さんが彼女を好きになったように、相手を好いてしまう気持ちにはなかなかブレーキがかけられないものなのかもしれませんね。

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする