軽蔑される筋合いナシ! 経済力がある男性と結婚したい女性の本音

【相談者:20代女性】
私の夢は“経済力のある男性と結婚すること”です。実家が貧乏だったので、貧乏を嫌というほど体験しており、お金持ちの人としか結婚したくありません。

でも、そういう話を友人に話すと、「そんなの他力本願だよ」って軽蔑された目で見られます。“経済力がある男性がタイプ”っていけないことなのでしょうか?

a 経済力がある男性との結婚が悪いという理由がまずない。

質問ありがとうございます。恋愛心理パティシエのともです。

確かに、相談者さんの言う通り「経済力がある男性が好き」とハッキリ公に言う人は珍しく、心の中で思っている人はたくさんいるのかもしれませんが、タブー的な言葉である気はします。

“経済力がある男性との結婚を夢見ること”が良いのか悪いのかということですが、まず悪い理由が見当たらない。

自分の優先順位の一番が“相手の経済力”であれば、それを夢見て婚活することは全然悪いことではないのです。誰かに迷惑をかけるワケでもないですしね。

151216tomo

女性が寿退社に憧れるとき

『今やっている仕事が残業ばかりで正直しんどい。早く結婚して辞めたい』(30代女性/会社員)

女性も、人生で一度は仕事をバリバリこなすキャリアウーマンを目指す時期があったハズ。でも、実際働いてみると想像とは違う。

残業ばかりで、お局様にはいつも小言を言われる。女性が男性に養われたいと心から願うのってそういうとき。今の仕事に不満があって、“仕事を辞めたい”理由として“寿退社”を夢見るのです。

そして仕事を辞めるには、もちろん相手が経済力のある男性であることが不可欠になります。

自分で稼ぐ方がかっこいいとは思うけど

『自分で稼ぎたいという気持ちはあるけれどやりたい仕事も見つからず、このまま同じ給料であるのも分かってきたし、生きていくだけで精一杯』(30代女性/事務職)

『子どもができたら、子どもが寂しくないようにいつも家にいる専業主婦になりたい』(20代女性/大学勤務)

仕事に対して限界が見えてくるころも結婚したくなる時期。

女性であることが壁になってキャリアアップも望めない気がするし、自分の才能がだんだん分かってきてこのままここにいても生活するだけで精一杯の給料しかもらえない。

仕事をしたくないわけでもないけれど、経済力のある男性と結婚しないと、今の極貧な生活からは逃れられない。

予期できる暗い未来を、“経済力がある男性と結婚する”という違う夢を持つことによって希望のある未来に変えたいと思うのです。

仕事よりも子育ての優先順位が高い人も、相手の経済力がないと専業主婦にはなれないですからね。

お金のない生活に満足できる人とできない人がいる

「別にお金なんてなくても愛があれば大丈夫」「お金は自分が自力で稼ぐから男性になんて依存しないわ」。そういう人はそういう性格に生まれた人。それも“どこに自分が幸せを感じるか”の違いです。

そして、“経済力がある男性との結婚”もそうそう簡単に叶う夢ではないと思っています。

“自分で稼いでお金持ちになる”か“お金持ちの人と結婚してお金持ちになる”かどっちもそんなに簡単な道ではなく“夢”であるという点では同じです。

だから、“経済力のある男性との結婚”を軽蔑される理由もないし、玉の輿に乗れた人はそれなりに“乗るための努力”というのはしてきているのです。ボケーッと生きていて玉の輿に乗れた人はいないのです。

経済力がある男性と結婚ができるような女性になることが必要であり、それは女性としての魅力を一層磨かなければならないということでもあります。

「いいわよね、どうせ旦那の稼ぎなのでしょう」なんて玉の輿結婚の友人を妬む人もいるかもしれませんが、稼ぎが良い旦那に選ばれるのも、悪い旦那に選ばれるのも自分次第

妬むぐらいなら、そういう人に選ばれる努力をすればいいということになります。


お金が幸せと直結するとは私は思っていませんが、“経済力がある男性との結婚を夢見る”ことに関しては何も悪いことはないのではないでしょうか。それも努力でゲットできるものなので。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする