告白されれば即OK!? 受け身の恋愛スタイルを変えるコツ2つ

【相談者:20代男性】
はじめまして。僕はいつも、“好きになられたら好きになる”タイプです。本当に受け身なのです。告白されたら付き合うことが多いし、恋愛対象で特に気持ちがあればOKします。向こうが冷めたくらいには気持ちを察して、僕も自然と冷めてくることがほとんど。彼女には、「そんなものなの?」などと言われてしまいます。しかし、僕にとってはとても自然なことなのです。

誰かに対して積極的に気持ちや行動が変わるということがない人間なのかもしれません。こんな僕はダメなのでしょうか?

a 自分の性質を知ったうえで、異性との接し方を変えよう。

ご相談ありがとうございます。欲望デザイナーのriiihoです。

好きになられたら好きになるタイプ”という言葉はよく聞きます。一見、都合が良いように見えるのですが、これはちょっと相手から見て味気なく思えてしまうのも事実でしょう。相手の好意に応じたくなる気持ちは良いものですが、相手本位の付き合いになっていると言えなくもありません。そして、手ごたえを求める人にとっては今一歩、物足りなくも感じられるでしょう……。

まずは、こうした恋愛スタイルに偏りすぎる方がどのような性質を持っていることが多いのかについて見ていきます。自分のタイプを知りましょう。そして、次に恋愛スタイルの改善のしかたを異性との接し方に焦点を当てて見ていきます。

151215riiiho

(1)“愛されたい”願望が強いのかも

悪いことでは決してないのですが、“愛されたい願望”がかなり強い人にこうした恋愛スタイルはよく見受けられます。承認欲求が強いのです。

『自分のことを認めてほしいし、彼女には気持ちのよりどころになってほしい。支えてくれる相手がほしい』(27歳男性/商社勤務)

『ガツガツいくほどぶっちゃけ自分に自信がないのかも。やっぱ好きになってもらって、愛されている自分が好きなんだろうなぁ』(25歳女性/美容師)

いかがでしょうか。自分にそうした願望があるかどうか知っておくことで、相手に流される形で付き合うことを避けることができます。客観的に自分を見つめなおすことができれば、関係を白黒ハッキリつける前にトーンダウンすることができます。

(2)できるだけ恋愛モード前の期間を長く持とう

次に、どのように異性と関係を深めていくかに焦点を当てていこうと思います。このタイプの人が気を付けたいのは、すぐに恋愛モードに突入しないこと

そのとき知り合った相手が早急に結果を出したがるタイプだったとしても、あなたはまず友達に接するようにフランクにしておくのが無難です。異性として意識し始める前の方が、相手を客観的に見ることができる可能性が高いからです。あなたの意識だけで変わるので、心がけてみましょう。

『相手を異性として意識してしまうと、好意を持っているかどうかとか恋愛になるかどうかで判断しがち。できるだけ意識しないで接する方がわたしの場合は内面がわかるかも。好きになりやすいタイプだから』(24歳女性/大学院生)

『相手を意識すると、好意にも敏感になりがち。好意のあるなしで関係を深めるかどうか判断する前に、もっと人付き合いとして広く考えるようにした』(28歳男性/営業職)

異性だからと付き合い方を変えるのはナンセンスなのかもしれません。フランクにしているつもりでも、やはり異性の前だと態度は少なからず変わってしまう人も多いもの。もちろんこれは悪いことではないのですが、意識してみてください。

恋にとらわれないことが、恋を呼び込むコツ

逆説的ですが、恋の形にとらわれないことが恋を呼び込むコツなのかもしれませんね。人付き合いは自分の内面を広げることができる作業でもあります。もっと自由にいろいろな人と関わってみてください。

●ライター/riiiho(欲望デザイナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする