インナーがチラ見え! 男にモテない“冬のNGファッション”5つ

【相談者:30代女性】
12月になり、今年も一人で過ごすのかと思うと焦ります。寒い日が続くと寂しくなります。彼氏が欲しいんです。どうしたらいいでしょうか?

a 原因から目を背けるな。どういう印象を持たれるのかを考えろ。

こんにちは。遅咲き姫専門家の菊乃です。

焦る気持ちは分かりますが、人があなたに会ったときにどんな印象を持つでしょうか? 本人は「そんなところで判断されないだろう」と思っているようなところで、女性として見られない方は多いのです。

寒くなると、女性は防寒対策をしっかりしますよね。防寒ばかり考えて、男ウケしなくなっている方のコーディネイトの特徴をご紹介します。

151215kikuno01

(1)いつも黒、ネイビー、ベージュ、グレイ、白ばかり

売っている服も黒っぽいものが多くなるので分からなくもないのですが、地味色ばかり着ていればやはり華やかさに欠けます。光沢がある高級素材であれば、地味色でも華やかに見えることがありますよ。

恋愛のことを“色恋沙汰”ともいうように、恋が始まるときのきっかけとして真っ先に目に飛び込んでくる色はとても重要な要素。

インナーやマフラーなどで、ピンクやオレンジ、黄色、赤など明るい華やかな色を足して明るく見えることを意識しましょう。

(2)いつもタートルネック

鎖骨が見えているって男性にとってはうれしいもの。北国在住のある女性は、ズルズル同棲している彼氏がいたのですが、いつもタートルネックばかりだったそうです。

1〜2着だけ残して捨ててできるだけ鎖骨を出すようにしたら、彼氏が「今日はキレイだね」と言ってくれたそう。どんどん扱い方が変わって、ステキなレストランを予約してくれてプロポーズされたそうです。

厚着になりやすい季節ですが、せめて鎖骨は出しましょう

(3)ババシャツが見えている

毎年、何人も注意しているのがこれです。手首や首元から見えている方が多い。あるいは、薄い色を着ているのに濃い色のババシャツを着て透けている女性もいます。

しょせんあれはアンダーウェアであって、見せていいものではありません。パンツが見えているのと一緒

ババシャツが見えている大人の女性って、職場では指摘しにくいもの。言わないけれど、みんな見てます。その下にいくらセクシーな下着を隠していようが、ババシャツが見えたらその下着を披露する機会はこない。

(4)毛玉のついている服

毛玉のついている服も、手入れをするか捨てるかして人前で着ないようにしよう。

ある女性は、「毛玉ってできるのが当然で、それがみっともないと思わなかったです。でも捨てたら、毛玉の付いている人はやっぱり全体的にだらしない人でした。捨てると、持っている服に毛玉がついているのに敏感になります」とおっしゃってました。

毛玉だらけな人にキレイできちんとしている女性って皆無です。

(5)去年買ったタイツ

消耗品なのに、タイツを何年も履く方がおります。足首や太ももを見てもらいたいのですが、擦り切れて薄くなっていたり、ダルダルに伸びたりしていませんか? それじゃ、穴の開いた靴下を履いているようなもの。

ドキっとした方は、この機会に新品に入れ替えましょう


焦るときほど、今すぐできる基本的なことを忘れがち。あなたはどうだろうか? モテない女性はおりません。やっていない女性がいるだけです。

【参考文献】
・『されど“服”で人生は変わる』齋藤薫・著

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする