冬の肌トラブルを解消! “みかん”の美容成分3つと選び方のコツ

【相談者:20代女性】
美容のために、毎日手軽に食べられるフルーツを探しています。バナナ、りんごは食べていたのですが、飽きてしまって……。旬の食べ物で美肌効果が高いものが知りたいです! お手頃な価格のものだとうれしいです。

a 冬は“みかん”が一番! 食べてキレイに。

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

毎日食べられるフルーツってなかなかないものですよね。お値段も気になるし、食べにくいものだと続かず飽きてしまうことも。

毎日食べても飽きない冬のフルーツといえば、そう“みかん”です! みかんは手軽に食べられて、美肌に導くビタミンもたっぷり含まれています。今回は、栄養学にもとづくみかんの美容効果をご紹介します

151218harunamikan2

みかんの3大美容成分をチェック!

(1)ビタミンC

みかんにたっぷり含まれている『ビタミンC』は、抗酸化作用が強いので、アンチエイジングに最適です。たんぱく質と結合して、お肌の潤い成分『コラーゲン』を生成する効果も。さらにシミやくすみのもととなるメラニンの生成を抑制して、美白効果も高めてくれます

(2)ヘスペリジン

毛細血管を強くして、血流をアップさせるポリフェノールの一種『ヘスペリジン』も含まれています。みかんに含まれる『ビタミンC』と一緒になると、その効果がさらに高くなります。血中のコレステロール値の改善にも効果があるといわれています。

(3)テルペノイド

柑橘系やセロリなどに多く含まれる香りの成分『テルペノイド』。リラックス効果があり、ストレスを和らげる効果も抗酸化作用も高いので、お肌のダメージを回復するなど、エイジングケアにも有効です。

みかんの選び方、保存のコツは?

まずはヘタをチェックみずみずしくて緑色のものが新鮮なサインです。皮のオレンジには赤みがあり、表面に見える粒々は細かい方が◎。みかんを保存するときには、箱で買った場合は湿度や温度が低い場所において、時々上下を入れ替えます。袋の場合は、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存をしましょう。食べる前には常温に戻した方が甘みが増します


冬のおとも“みかん”。手軽に食べられるから、おやつに食べるにはもってこいのフルーツですよね! 毎日食べれば冬の肌トラブルも解消できそうです。みかん習慣で、美肌に必要なビタミンをしっかり補給してくださいね。

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集
・『ザ・美女食材グランプリ Best20』対馬ルリ子・著

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする