人生がより楽しく! 恋人への依存体質から抜け出すコツ4つ

【相談者:20代女性】
私は恋愛をするとすぐ相手に依存してしまいます。相手の言いなりになってしまうし、彼氏がいない時間なんて全然楽しくありません。友達には、「依存癖を直したほうが幸せになれる」と言われました。私も本当は変わりたいです。依存体質は直るのでしょうか。

a 意識を変えることで依存体質から抜け出しましょう!

ご相談ありがとうございます。恋愛ライターの三田優実です。

恋愛において依存しすぎてしまうと、相手にも自分自身にも負担がかかってしまいますよね。だからこそ、相手に依存をぶつけずに、依存体質から抜け出そうとすることは自分自身のためにもとても大事なことです。

そこで、依存体質で悩む女性が依存から抜け出すための方法を4つお伝えします。

151211mita

(1)相手と自分を信用する

『信用できないから依存してしまう。一緒にいない時間、彼が何をしているのか気になって仕方ない』(26歳女性/会社員)

お互いが一緒にいない時間に相手のことばかり考えてしまうのでは、自分の人生を楽しむことはできません。依存体質の人に必要なのは、“自分自身の時間を楽しむこと”。そのためには、相手も自分も信用してあげることが大事です。

(2)自分のために努力する

『彼氏の理想の人間になろうと頑張ってしまうから、付き合う相手によって服装や髪形などを全部変えてしまいます』(24歳女性/フリーター)

恋人に依存する人は、相手のために努力してしまいます。相手の気持ちを想像して努力するから、報われないと相手のせいにしてしまうのです。相手と信頼関係を築ける人は自分のために努力します。自分のために努力するので、努力が報われたとき“自信”になります。自分に自信が持てるようになって初めて、相手を信じることができるのです。

“彼に嫌われないため”に努力するのではなく、“自分自身を好きになるため”に努力しましょう。

(3)お互いの世界を大事にする

『彼が忙しくなると会える時間が減ってしまい、悲しくなる。彼が仕事を頑張っていても応援できない自分が嫌』(23歳女性/ホステス)

依存の恋愛をする人は相手の世界を独占しようとしますが、相手を信頼できる人はお互いの世界を尊重します。趣味や習い事、マイブームでも何でも良いので、彼氏といないときでも楽しめる何かを見つけましょう。

(4)他に頑張れることを見つける

依存心の強い人は、物事に執着できる人です。恋愛に執着してしまうとマイナス面で働いてしまうことも多いのですが、仕事面ではむしろ逆。執着できるということは諦めない力を持っているということです。その執着心を仕事や趣味に発揮しましょう!

依存体質から抜け出すと、人生がもっと楽しくなります!

いかがでしたか? 依存体質の人は、その依存の対象がいないと人生の楽しみ方が分からない状態になってしまう場合が多いのですが、あなたの人生はあなただけのもの。依存体質から抜け出し、自分の人生を楽しむことであなた自身の人生がより楽しいものになりますよ!

●ライター/三田優実(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする