年上女性と恋愛したい!心理と魅力からひも解く攻略方法

男性陣のなかには、年上女性が気になってはいるけどもなかなかアプローチができずに、あきらめてしまう人がいるようです。

「相手にどう見られているのか知りたい」
「どうしたら振り向いてもらえるかわからない」
このように、自分が年下であるがために、悩みを抱えている男性が多いのではないでしょうか。

ここでは年上女性の心理や魅力、攻略法を紹介します。
年齢差のせいで好きという気持ちをあきらめている方は、ぜひ参考にしてください。

年上女性の年下彼氏をもつ心理

年上女性が、年下の男性に抱く印象や、彼氏にしたい心理とはどのようなものなのでしょうか。
男性は理解しにくい「乙女心」をみていきます。

(1)女性からみた年下男性の印象

年上女性は、年下男性のことを恋愛対象にみることは、あまりないようです。
確かに、職場の後輩などでよくかかわる場合、女性の方が打ち解けた態度を見せることで気があるのかと思うのではないでしょうか。

しかし、多くの年上女性は「彼は年下だから」という意識で年下男性をみていて、「年下だから若い子が好きなのだろう」というイメージを持っているかもしれません。

そのため、最初から年下を恋愛対象からは外して接している可能性があります。

したがって、気になる年上女性がいるという年下男性は、まずは彼女にオトコとしてみてもらえるような努力が必要です。

(2)女性視点で理想の年下男性像とは?年下男性に求めるもの

女性が年下男性に抱いているイメージには、どんなものがあるのでしょうか。

女性が年下男子を彼氏にするなら、年下に求める理想の男性像があるようです。
どんな年下の男性が理想なのか、同い年や年上の男性が持っていないポイントをみていきましょう。

年下らしい純粋さ

ふとした瞬間に自分にはない純粋さを感じると、女性はきゅんとすることがあります。
それが、年上の男性にはないものであるとき、素直にかわいいと感じるものかもしれません。
純粋な言動は年下であるからこその魅力です。

母性本能をくすぐられたい

女性には本来、求められ、助けてあげたいという気持ちがあります。
相手が年下である場合、女性の母性本能を発揮できることが多いのではないでしょうか。

「困っているときに助けてあげたくなっちゃう」といった感情を女性に抱かせる年下男性は、一気に恋愛対象へとステップアップできるかもしれません。

自分にはない若さ

年下男性には、年上女性よりも若さがあります。

精神的にも肉体的にも若いため、人生経験は浅くとも、年上女性に忘れかけていた新鮮な気持ちを思い出させることや、女性にはないものを知らず知らずのうちに与えることがあるのです。
年下男性と過ごすことで、女性自身の気持ちや行動が若くなり、結果的に若さを保てるというのもメリットでしょう。

キャリアに負い目を感じなくていい

相手が同い年や年上の男性で、女性にキャリアがあると、男性のプライドを傷つけたり傷つけないように気を使って、ぎくしゃくする場合があります。

しかし、男性が年下なら男性のプライドを傷つけることもありません。
女性が自分のキャリアに負い目を感じることなく、素直に尊敬してもらえるのが年下の男性のよさです。

年上女性の年下男性に対する見方はお分かりいただけたでしょうか?
つづいては、逆に年下男性の視点から年上女性をみていきます。

年上女性に魅かれるわけ

年下男性はなぜ年上女性に魅力を感じるのでしょうか。

ここでは、年下男性が年上女性に対して、どのように感じているのかをみていきます。
男性はあらためて、知らないうちに意識していた、年上女性のよさに気づくかもしれません。

(1)年下女性にはない魅力

男性のなかには、これまで年下女性としか付き合ったことがない方もいるでしょう。
そんな方は、年上女性には年下女性にはないすてきな部分があることを発見できるのではないでしょうか。

経験値からくる包容力

年上女性は、年下男性に比べて人生の経験値が多いのです。

そのため、多少の問題やトラブルがあっても怒らずに、冷静な大人の対応ができます。
また、男性が不安や弱音を吐くようなことがあったとしても、相談に乗ってくれたり、適切なアドバイスをくれる寛容さを持っています。

年下の女性に比べると、大人の余裕を感じることが多いのではないでしょうか。
自分が年下であれば、多少は男のプライドを気にせずに甘えられるのも、年下男性にとってよいところです。

(2)自立している

年下男性にとって、自分よりも自立しているということは、憧れの対象になるのではないでしょうか。

女性が自立していれば、男性が相手に振り回されることも少ないでしょう。
具体的にどんな利点があるのかみていきます。

精神的自立

年上女性は、年下女性よりも精神的に自立している場合が多いようです。
自分の考えをしっかりと持った生き方をしています。

そのため、男性に対してわがままを言ったり、束縛することも少ないでしょう。
女性に縛られることなく、自分の時間を持って自由に行動できることは、男性にとっていいケースかもしれません。

また、自分がリードされるよりは女性にリードされたいと思う男性には、より魅力的に映るのではないでしょうか。

経済的自立

女性が男性より年下や同い年だと、デートのときに男性が払わなくては」という意識が強くなってしまいがちです。
女性もそのことを期待している部分があります。

しかし、女性が年上なら、男性はあまり見栄を張らずに済むかもしれません。
金銭的な面で、対等な付き合いを期待できるのではないでしょうか。

また、それなりに大人な女性であれば、お金の使い方も上手で、若い年下のようなムダ遣いもしない可能性が高いようです。

(3)外見に表れる大人な部分

年上女性は、落ち着きと品のある女性に映るのではないでしょうか。
言葉遣いが丁寧であったり、清楚な雰囲気の見た目は年下男性の心を引き付けます。

その裏には、経験値の多さだけでなく、年齢を負い目にさせないように女性の隠された努力があるようです。

(4)ドキッとする年上女性の内面

年上女性と一緒にいて、思わずドキッとした瞬間はありませんか。
年下男性にモテる年上女性には理由があります。
ここでは、どんな女性が年下男性の心を引くのかみていきましょう。

男として見てくれる

年下だからといっていつまでも年下扱いをされるよりも、男としてのプライドをきちんと立ててくれるような年上女性に、年下男性は魅力を感じます。

また、劣っていたり不十分な点があっても多少は多めにみて、優れている部分を見つけて褒てくれる女性は、かなりすてきな年上女性像なのではないでしょうか。

年の差を感じさせない

年上であっても、年上感を全面に出さずに友達のように接してくれる年上女性はポイントが高いようです。

女性から積極的に話しかけてくれて、同年代のように会話が弾めば、その先もお互いによい印象を抱きやすいでしょう。

年上女性とは、余計なプライドを持たず、気軽に話せて自然にボディタッチもできるような間柄になれるとよいですね。

大人な女性らしさ

年上女性は、仕事に限らず、人生経験が多いので頼りになります。
経験と知識の深さから、年下男性に適切なアドバイスができる女性は、好感度が高いのです。
年下男性が困っているときに年上のお姉さんらしさを出されると、男性はドキッとするのではないでしょうか。。

意外なギャップがある

ギャップを知ると、相手への気持ちが増す人は多いのではないでしょうか。
では年上女性のギャップとは、どのようなものなのでしょう。

たとえば、普段はしっかりしていて明るい印象の年上女性が、年下男性にふと不安な表情を見せたり、本音を告白するときにキュンとすることがあります。
また、仕事ではバリバリのキャリアウーマンの年上女性が、プライベートでは癒やされるようなかわいい笑顔を見せたときも、ギャップを感じる瞬間なのではないでしょうか。

相手の意外な一面を知れたとき、今までは意識していなかった年上女性のことが急に気になりだすことがあるかもしれません。

年上女性と付き合う3つのメリット

年上女性と付き合うと、どんなメリットがあるのでしょうか。
これまで、年下か同い年としか付き合ったことのない年下男性にとっては、気になるポイントかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)年下だから甘えられる

やはり男性が年下だと、常に気を張る必要はなく、甘えたいときは素直に甘えられることが多いかもしれません。

年上女性の方も、年下男性の甘えはかわいいと感じて受け入れられるようです。
これは、女性が年上ならではのよさでしょう。

(2)刺激的な経験

年上の女性は大人で経験も多いため、一緒の時間を過ごすなかで年下男性はよい刺激を受けるようです。

今までに経験したことのない体験ができたり、感じたことのない気持ちになるなど、年上女性が年下男性に刺激的な時間をくれることがあります。

そのため付き合うちに、年下男性は以前よりも成長できるもしれませんね。

(3)イイオトコになれる可能性がある

年上女性と付き合うことで、年下男性は以前よりイイオトコになれる可能性があります。

なぜなら、付き合うなかで大人の年上女性を喜ばせようと努力したり、自分より上級な考え方を真似できるからです。

年下男性は、自分でも気づかないうちにイイオトコに変わっていることがあるかもしれません。

年上女性と付き合う3つのデメリット

次は、逆に年上女性と付き合ったときに想定できるデメリットをみていきましょう。
「年上女性と付き合いたい」という思いがある男性は、あらかじめ知っておくことでそれらに備えられます。
少しでもデメリットを解消できるように、考えるための参考にしてください。

(1)ジェネレーションギャップ

ジェネレーションギャップは、とくに女性との年齢が大きく離れていた場合に起こりやすいのです。

小さい頃に見ていたテレビの話や、好きな音楽の趣味が合わないこともあります。
会話のなかで、歳からくる感覚のずれを感じるかもしれません。

(2)年齢差があると結婚に壁ができることも

女性の年齢が婚期に近かったり、婚期を過ぎている場合は、結婚を視野に入れた付き合いになることが多いです。
女性も、次に付き合う彼氏との結婚を考えているかもしれません。
年下男性はそのことを頭に入れたうえで、付き合うことが必要です。

しかし、女性がかなり年上の場合は、結婚を考えたときに問題が生じる可能性があります。
具体的にはどのようなことがあるのでしょうか。

親の反対

女性が男性よりもかなり年上のケースでは、男性の両親が承諾しないことがあります。
両親の心配をなだめ、理解を得られるような説得が必要です。

妊娠、出産、子育て

子どもを考えたときに、女性にはタイムリミットがあることを覚えておかなければなりません。

年齢が上になればなるほど、妊娠、出産、子育ては大変です。

目移り

自分と大きく年齢差のある女性と結婚すると、そのときはよくても、のちのち自分がほかの若い女性に目移りする可能性があります。

年下男性は、同年代や自分よりも若い女性でも釣り合う年齢だからです。

老後

女性が年上だと、女性の方が早く老いていくのは自然の摂理です。

今はキャリアウーマンでも年金生活になるのは、自分よりも早いことを意識する必要があります。
また、女性が早くに病気になると、その先一緒に過ごせる時間は短くなることを考えておきましょう。

(3)社内恋愛に発展したらどうなる?

年上女性と出会い、魅かれるのはやはり職場のパターンが多いようです。
うまく付き合えると、社内恋愛に発展します。

社内で上司と部下という関係で付き合うとなると、仕事とプライベートにおけるオンオフの切り替えがあいまいになるケースがあります。
プライベートも仕事の続きにならないよう、意識することが大切です。

また、付き合っていることが社内でうわさになることも、避けられないかもしれません。
社内で公言して付き合うのであれば、この問題は関係ありませんが、隠したいと考えるのであれば細心の注意が必要です。

やむを得ず別れることになった場合には、社内では顔を合わせなければいけない分、気まずさが残ることが考えられます。

年上女性にアプローチする5つの方法

ここまで年上女性と、年下男性のお互いの理想や、付き合った場合のメリット・デメリットについて触れてきました。
これらを踏まえたうえで、年下男性は年上女性にどのようなアプローチをしたらよいかをみていきます。

(1)まずは恋愛対象になる

はじめは、年上女性に恋愛対象としてみてもらうところからはじめましょう。

上記で触れたように、年上女性は年下男性をオトコとしてはみていない可能性があります。
年下男性は、女性が自分に対して脈ありなのかどうかをチェックしたうえで、アプローチをはじめましょう。

(2)女の子な部分を見極める

年上といっても、女の子であることには変わりありません。

年下男性は、年上女性の表情やしぐさをよく見て、女の子な要素を素直に褒めることが大切です。
そうすることで、年上女性も女の子な部分を出しやすくなるのではないでしょうか。

(3)年下っぽくない、男らしさを見せる

年上女性は、年下男性のことを「年下」という視線で見ているからこそ、たまに年下らしくない振る舞いをされるとドキドキするかもしれません。

男らしい姿を見せることは、年上女性にオトコとしての存在をアピールするための大切なポイントです。

(4)自分の将来の展望を表す

自分の夢や目標を素直に示すことで、年上女性は応援をしてくれたり、アドバイスをくれるかもしれません。

年下男性でも、しっかり考えていることが分かれば、「彼となら将来一緒に歩んでいけるかもしれない」と思ってくれる可能性があります。

(5)相手に年齢を気にさせない

女性は、年を取るにつれ自分の年齢を気にしてしまうものです。

とくに男性が年下の場合は、「どうせおばさんだから」と自分を卑下することがあるかもしれません。

だからこそ、年下男性はなるべく年上女性に年齢を気にさせないような言動を心がけましょう。

年上でも好きな人には変わりない!

いかがでしたでしょうか?
最近は、年上女性と年下男性のカップルや、年の離れた年上女性との結婚が増えてきている傾向にあります。

年上女性のことが好きだと感じたときに、多少年齢が気になったとしても、好きな人ということには変わりありません。
年上女性に片思いを抱いている年下男子は、乙女心を読みとってアプローチのコツを踏まえ、ぜひ実践してみてください!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする