愛情表現は控えめに!? 尽くしすぎる女性が大事にされなくなるメカニズム

【相談者:30代女性】
男性の態度がすぐに変わることで悩んでいます。男性の方から積極的にアプローチされて付き合い始めても、すぐに他の用事を優先されるようになったり、メールの返信も遅かったりして、今の彼からも二の次にされています。私は、好きになったらわがままも言わないし、手料理やマッサージなど毎回彼が落ち着くような雰囲気づくりを心がけているのに、つらいです。どうしたらいいのでしょうか。

a 自分に自信、ありますか? 女性が尽くし過ぎない方が恋はうまくいきます。

こんにちは。仕事は全力、食事と恋愛は腹八分を心がけている小市民ライターの木野紫です。

常に男性への気配りを怠らず、いつも笑顔で不満やわがままも言わず、恋人に合わせて付き合っているのに、なぜかあまり大事にされないでフラれたり、浮気されたりといった女性を時々見かけます。相談者さまもとてもできた女性のようにお見受けしますが、なぜ男性はそんな女性を大事にしなくなってしまうのでしょうか。その原因を調べてみました。

151208kino

(1)「自分は無価値だ」という不安から、必要以上に尽くしてしまう

恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士は、著書『彼と絶対うまくいく 恋の即効ルール』の中で次のように述べています。

『愛される自信がない女性は、自分が無価値だと思っているので、相手に愛されるために、相手に尽くしたり、こびたりして価値をつくり出そうとする傾向があります』

自分に自信のない女性は、「ありのままの自分では男性に愛されない」という不安から、必要以上に尽くしてしまうようです。手料理も振る舞うし、マッサージも上手だし、頼み事だって断らない。「だから私を愛してください」という愛情表現なわけですね。わがままばかりの女性より素敵だと思うのですが、恋愛となると少し問題があるようです。

(2)男性に尽くして捨てられ、さらに自信をなくしてまた尽くす

『女性が尽くしたりこびたりすることで、男性は「この女はオレを愛しているな」と確信し、それが彼の「手に入った距離」を作り、彼は安心してその女性を忘れるのです』

相手にしてみれば、自分に自信のない女性が価値を作ろうと尽くしているとはわからないため、その女性が尽くせば尽くすほど自分に夢中であると考え、気持ちが離れていってしまうんですね。それを見た女性は、「自分に価値がないから、二の次にされているんだ」と感じ、ますます自分に自信がなくなるという悪循環になってしまいます。

優しくしているのに適当に扱われて、さらに自分を無価値に思ってしまうなんて、とても苦しくてつらいことです。

(3)男性に「俺のことを好きだな」と確信させてしまう

「この女は俺のことが好きだな」と確信したとき、尽くしている女性が無価値かどうかとは関係なく、男性はその女性を忘れ、彼女の優先順位を下げてしまいます。尽くして忘れられてしまうなら、「完全に好きだな」と思わせない方向に努力することが大切です。試しに、「俺のこと、本当に好きなのかな?」と彼が不安になるくらいの愛情表現にとどめてみましょう。きっと彼の方から追いかけてくるはずです。


相談者さまが好きな男性に尽くす喜びがあるのと同様に、男性だって好きな女性へ尽くす喜びはあるはず。「自分は尽くされる価値のある女性だ」と自分自身が認めてあげて、自信を持って凛としていれば、きっと出会ったころのような彼が戻ってきてくれますよ。

【参考文献】
・『彼と絶対うまくいく 恋の即効ルール』ぐっどうぃる博士・著

●ライター/木野紫(未モテ女子応援隊長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする