12星座別週間(12/7〜12/13)恋愛占い

皆さんこんにちは。瑠璃光ルナです。

今年最後の新月は11日に射手座で起こります。射手座の20度で起こる新月のサビアンシンボルは“氷を切り出す男たち”。一面の銀世界で、何も育たない冷え冷えとした世界は、息苦しい威圧感でいっぱいです。草も土もなく、生命の育たない死の世界。氷は語らず、ただ冷たく人を寄せ付けません。

射手座には、遠くを見渡し、想像の世界を広げていくことで、日常の退屈な世界から脱出する一面があります。理想が高く、足元を見つめるのがとても苦手です。今はできないけれど、いつかきっとできるに違いない……という漠然とした自信もあります。

“氷を切り出す男たち”というのは、現実にある“氷のような冷たい世界”から、何か有益なもの、人が喜ぶもの、自分たちに与えられた使命を、懸命に探し出そうとする男たちの姿でもあります。

氷を“寒い、冷たい、死”と受け取るのではなく、熱すぎて死にそうな人たちにとっての恵みの“冷たさ”に変えるのです。まさに熱を冷ます氷ですね。

恋愛でも仕事でも趣味でも、情熱と共に客観的な判断力が必要です。駆り立てられるように進んでいるときでも、ふっと我に返って高ぶりを静めることが大事です。

射手座には、往々にしてこの高ぶりが見られます。黙っているとひとりでに妄想が広がっていくので、もっと現実に視点を根付かせていかなければ収集が付かなくなるのです。

新月には、寛容さ、柔軟な発想力、希望、価値観の違いを認め合うことなど、射手座の美点を増幅させていけるようにお願いしてみましょう。そして、あまりにも高ぶった理想論や注意力に欠けやすい点、細部を無視して大言壮語しやすい点などを改めていくようにしてください。

恋愛面でも同じです。柔軟になって、相手と自分の違いを認め合い、干渉し合わないようにすることです。理想は持っていてもいいけれども、それを押し付け合うのはいけません。現実に飽きないように、日常の中にもっとたくさんの喜びを見つけていくようにしましょう。

牡羊座

今しか言えない言葉を好きな人や恋人にかけてください。賞味期限があります。新鮮なことばほど力があります。

牡牛座

意地を張るのはいけません。素直でいることだけを心掛ければ、心配することはないでしょう。

双子座

寛容さと柔軟さが鍵に。違いを認め合うことであなた自身が幸せになれます。

蟹座

相手の気持ちが分からず落ち込むことがあるかもしれません。あなたを否定してはいけません。自分は自分と思って好きなことをしていれば、恋愛も自然と上手くいくようになります。

獅子座

茶目っ気たっぷりで楽しい付き合いができそうです。ただし、お互いに子どもっぽくなり過ぎて、わがままが出てしまう点には注意しましょう。

乙女座

癒しの力が発揮できます。静かな音楽を毎日聴くようにすると、随分と気持ちが落ち着き、恋愛がらみの問題にも動じなくなります。

天秤座

近場でのデートが吉。B級グルメを堪能するなどのデートが愛を深めます。

蠍座

見えない世界を信じましょう。カップルは言葉によるすれ違いが増えそうです。好きな相手に対しても言葉は少なめに。

射手座

自信を持つのはいいことですが、恋愛では自分を低くしなければ上手くいかないでしょう。今やるべきことに力を注いでいれば、恋は後からついてきます。

山羊座

隠れた心理が明るみに出てきます。常日頃から愛とは離れずに過ごしてください。思いがけないときに本性を探られることになります。

水瓶座

あなたにかまってもらいたい異性がいるようです。いつもと違った視線で周りを見れば、求められていることが分かるはず。

魚座

先に進まない恋に焦りを感じるかもしれません。恐れず一歩ずつ前に進みましょう。同じことの繰り返しにならないように工夫をしてください。


いかがでしたか? 2015年最後の新月は、12月11日の19時29分です。この時間から8時間以内にお願いごとをしてくださいね。

●ライター/瑠璃光ルナ(占いライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする