言わなきゃわからない!? 「察してほしい」が男性には通じないワケ

【相談者:20代女性】
2年間お付き合いしている彼のことでご相談します。このごろ一緒に行動しているとイライラして仕方がありません。とにかく気が利かないのです。「どうして○○してくれないの?」と聞くと、「言ってくれたらやるのに~」とのんきに答えます。ちょっと考えればわかることなのに、いちいち言わなければ動こうとしない彼の鈍感さにあきれています。これは性格なのでしょうか? 一生直らないのでしょうか?

a 男性は本当に“言われるまで気づかない”。女性の「察して!!」が通用しない理由を説明します。

お悩みを打ち明けてくださり、ありがとうございます。仲人士の忽那里美です。結婚相談所を経営しながら、男女間の恋愛トラブルのご相談を受けております。

彼が言う「言ってくれたらやるのに」は、女性にとってカチンとくる言葉ですね。「言わなきゃやらないってこと?」「言う前に気づいて当然でしょう?」そう思いますよね。ところが、男性は本当に言われるまで気づかないようです。その理由をこのコラムでご説明します。読み終わったころに、「あぁ、そうか。それなら仕方ないわね~」と優しい気持ちを取り戻していただけると嬉しいです。

151207kutsuna

男性の「言ってくれたらやるのに」の一言が、こんなに女性をいら立たせています

まず、大多数の女性が「言ってくれたらやるのに」という男性の不用意な一言にお怒りだということを、客観的に見ていきましょう。

夫の禁断の一言、ワースト5
1位:「オレは働いている」
2位:「言ってくれればやるのに」
3位:「なんで怒っているの?」
(サンケイリビング新聞『えこるみ』調べ)

堂々の第2位にランクインしていました。やはりこの言葉は女性のかんに障るようです。さて、あなたはこう言われたとき、どのような態度を取っていらっしゃいますか? “嫌な顔をする”“無視をする”“ドアなどをドンと閉めたり、ガチャガチャと物音を立てたりする”など、不機嫌であることを彼にアピールしていませんか?

残念ながらこのような行動を取っても、大多数の男性は「彼女はいま不機嫌だな」と気づきもしないそうです。また、「あれ? 怒っているのかな?」と気づいた少数の男性は、「何だか面倒だから、関わらないようにしよう」と距離を置くそうです。

このままではあなたの“怒り損”になってしまいます。これでは何の解決にもなりません。ますますヒートアップしそうです。そこで、次に「なぜ男性は言われるまで気づかないのか?」をご説明します。

言わなければ分からない理由は、脳の仕組みの違いにありました

男性が“言わなければ気づかない”理由を、脳科学で説明した本から引用しましょう。

『男性脳は右脳(感じる領域/潜在脳)と左脳(考える領域/顕在意識)が女性ほど頻繁には連携しない。脳梁が女性脳より約20%も細い。よくよく注意していること以外は、基本的に変化に気づかない。ひとつのことに実直に対応するので精一杯です。

さらには、右脳で感じたことが、なかなか左脳の顕在意識に上がらないため、自分の不快感や他人の表情の変化を感じることが苦手です。恋人が不機嫌な気持ちを表そうと黙りこくっても、そんな些細な自己アピールには全く気づかない。気づいているのに気づいていないフリをしているのではなく、本気でまったく気がついていないのです』(『ナチュラル女子脳がやってきた』黒川伊保子・著)

「同じ人間なのに、本当なの?」という気持ちになりますね。女性は大切な男性や自分の子どもの顔色、表情がさえないことに敏感に気づき、何を求めているのか察知することが得意です。

あなたが彼にイラついているのは、「大切に思っているならば察して当然」という女性の常識で判断しているからかもしれません。つまり、“察知しない(気づかない)=私を大切に思ってくれていない”という怒りです。しかし、そうではないことが分かりました。男性と女性では、脳の仕組みが違っていたのですから。

男性脳と女性脳の違いを知り、お互いが通じる言葉で気持ちを伝え合いましょう

「脳の仕組みが違うなら、仕方ないか……」と頭で納得はするものの、やはり心のざわつきは残りますね。前述の黒川伊保子氏は、「どうして○○してくれないの?」と彼女に言われたとき、男性は「言ってくれればやったのに」と返答してはいけないと述べています。では、どう答えるのが正解なのでしょうか?

『気づいてあげられなくて、ごめん』です。なるほど、こう言われると「“気づいてあげたい”という気持ちはあったのね」と思えますね。「私は大切に思ってもらえている」という安心感も湧いてきます。ぜひ、このコラムを彼と一緒に読んでいただければと思います。

そしてもう一つ、あなたにお伝えします。彼に言い方を変えてほしいと望むのであれば、あなたも「私がいちいち言う前に察してよ!!」と怒らないで、「○○してほしいなぁ」と素直にお願いしましょう。そして、行動してくれた彼に心からのお礼を。

たくさんのお悩み相談を受けて感じるのは、“男性に伝わる言葉”と“女性に伝わる言葉”に違いがある、ということです。違いを学んでちょっとした心遣いをお互いが持つことで、不必要な喧嘩が減るのではないでしょうか? 本当はずっと仲良くしていたいですものね。

またお悩みがありましたら、ぜひ投稿してくださいね。お待ちしております。

【参考文献】
・『ナチュラル女子脳がやってきた』黒川伊保子・著
・『鈍感な男 理不尽な女』黒川伊保子・著

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (24)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする