字が下手でも嬉しい!? ラブレターに対する男性の本音と書き方のポイント

【相談者:20代女性】
こんにちは。私は20代半ば、今度告白を考えている人は年下の友人男性です。彼はモテる人で、普通の告白は印象に残らないかと考えに考えた結果、ラブレターという方法を思いつきました。古くさくてダメでしょうか? 注意点や改善点など、なにかアドバイスをいただけますか?

a ラブレター、とってもイイ方法だと思いますよ!

こんにちは! ご質問ありがとうございます。恋活ライターの小林ユリです。

今の時代だからこそ、ラブレターで告白なんてオシャレですね! とりあえず、私個人の感想ではありますが「グッジョブ!」です。さてさて、相手がモテ男くんなら普通の告白には慣れているはず。そうだとすると、もしかしてラブレターの告白は以前にも経験があるかもしれませんね。

だったら、ラブレターと何かの合わせ技告白なんていかがでしょうか(たとえば1日普通に遊んだあと、帰り際にラブレターを渡すとか)? 思いがけないタイミングでの告白はドキドキして印象に残るものですよ。

151204kobayashi

男性のラブレター肯定派はかなり多い

男性数名に「ラブレターをもらったら嬉しいですか?」という質問をしたところ、以下のような回答がありました。

『すごく嬉しい! キレイな文字ならなおさら嬉しい。下手でも丁寧に書いてくれていれば問題なし!」(営業職/20代男性)

『ちょっと古風なところが大和撫子っぽくていいよね。文字がキレイなら言うことなし』(教師/20代男性)

『デジタル文字は見飽きた。丁寧に書かれた文字からは誠実さを感じる』(SE/20代男性)

『なんだか学生時代のピュアな気持ちを思い出しそうだね! いいかも』(製造職/30代男性)

彼らが口をそろえて言うことは、「字がキレイだと最高だよね」ということ。しかし、もし字のキレイさに自信がなくても気持ちを込めて丁寧に書かれたものなら嬉しいとのことでした。ですから、ペン習字を習っていなかったから……などの理由で諦める必要はなさそうです(字に自信がない私はドキドキしながら聞いていたのですが、これを聞いて密かに胸をなでおろしました)。

ラブレターを書くときは“自分がもらったら嬉しい”内容にする

ラブレターを書くときはポエムみたいにならないよう気をつけましょうね! また、思いを詰め込みすぎて内容が重くなると、「この人と付き合ったら息苦しくなるのではないか?」と躊躇してしまうため、YESの返事をもらいにくくなります。そのため、書いた後には必ず確認作業をした方がいいと思います。そこで“自分がこんなラブレターをもらったら嬉しい”と思う内容になっていればOK、大成功です。

それでは、ステキなラブレターが完成しますように! そして告白が成功しますように!

●ライター/小林ユリ(恋活ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする