細く長く魅せる! 理想の“美脚”を手に入れる歩き方のコツ3つ

【相談者:20代女性】
脚が太いのがコンプレックスです。短いスカートやタイトなパンツなどのファッションは楽しめないし、好きな人ができても恥ずかしくて積極的になれないんです。ダイエットをして体重を減らしても脚が太いのはあまり変わらず、どうしたら良いかわかりません。脚を細くするには、どうしたらいいですか?

a 歩き方ひとつで、脚が変わる。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

「脚がコンプレックスだ」という人は多いのではないでしょうか。人によって骨格や筋肉の付き方は違いますから、すべての人がファッションモデルのような細さを実現するというのは難しいでしょう。

しかし、“自分の骨格に合った美しい脚”へと整えることは可能。やみくもに細くしようとするのではなく、自身の体に合った、すらりと美しい脚を目指してはいかがでしょうか。たとえば、毎日の“歩き方”を工夫するだけで、キュッと引き締まったメリハリのある脚を実現しやすくなりますよ。

151127nao

(1)美脚に見えるポイントは“膝裏”

赤坂整体院院長の大庭史榔先生によると、歩く際に“膝裏を伸ばす”ことを意識することで、まっすぐ、長く見えるようになるそうです。脚裏を伸ばし屈筋がしっかり伸びた状態になると、骨盤が締まり、O脚予防効果も期待できるのだそう。特に、地面を蹴り上げる際に後ろ側の脚がしっかり伸びているかをチェックしてみてください。後ろ脚がまっすぐ伸びていると、歩いている姿勢も良く、すらりと長く見えますよ。

(2)重心は“内側”に

歩いているとき、重心が外側になっていませんか? 重心が外側にあると、脚の外側の筋肉が発達しやすく、太もものガッチリ感やO脚を招きやすくなります。膝と膝が触れ合うくらい重心がしっかりと内側に寄っていると、脚がまっすぐ、長く見えるようになります。

歩く際は足の親指に力を入れ、地面を足の指でつかむようにするのがおすすめ。重心を内側にする効果と、血行を良くしてむくみを予防する効果を同時にGETすることができますよ。

(3)UFOキャッチャーに吊るされたように

猫背になっていたり、脚がまっすぐに伸びていなかったりすると、脚が短く太って見えてしまいます。UFOキャッチャーで吊るされているように、頭を上へ上へと伸ばすように意識しながら歩きましょう。全身の筋肉を刺激することができ、代謝アップの効果も期待できます。


脚を美しく見せる姿勢を維持するには、筋力が必要。細く長く見せる歩き方を意識して続けることで、脚を細くする筋力を鍛えることができます。毎日何気なく歩いている時間を、脚を細く長くするためのエクササイズタイムにして、相談者さんの骨格に合った美脚を実現してくださいね。大好きなファッションを楽しみ、大好きな人と楽しい時を過ごせますように……。

【参考文献】
・『1分骨盤ダイエット』大庭史榔・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする