傷つきたくナイ! 気持ちが冷めても別れ話を切り出せない男の心理3つ

【相談者:30代女性】
私には付き合って半年の彼氏がいます。つい最近まではデートも頻繁にしていたし、LINEも毎日送っていたのですが、ここ1週間ほど相手から連絡はこないし返信もなし。別れたいのかどうか直接聞いてみたのですが、「そうじゃないよ」と言われました。でも、明らかに彼氏の愛情が冷めてきているのが伝わってくるのです。

きっと自然消滅を狙っていると思うのですが、なぜきちんと言ってくれないのでしょうか? このままでは諦めがつきません。

a 別れ話から逃げるのは、男性が傷つきたくないからです。

質問ありがとうございます。恋愛心理パティシエのともです。

別れたい素振りを見せながら、別れたいと言ってくれない煮え切らない態度の彼氏……。そういう男性って、“相手を傷つけたくないから別れ話をしない”のではなく、“自分が傷つきたくないから別れ話をしない”のです。

151126tomo

(1)彼女がヒステリックに泣くのが目に見える

『別れようなんて、彼女が泣いて怒るのが分かるから怖くて言えない』(20代男性/美容師)

短絡的な思考の男性に多いのがこのタイプ。ただ単に「女性のヒステリーが怖い」「修羅場に直面したくない」という、嫌なことから逃避したいという思いから、意識的に別れ話を避けようとします。とりあえず嫌なことは後回し、そしていつの間にか自然消滅してくれたらラッキー、または、相手から別れようと言ってくれればいいと望んでいるのです。男性は基本“根性なしである生き物”ということを覚えておきましょう。

(2)心変わりに対して罪悪感を持ってしまう

『好きだと思っていた気持ちが変わってしまったことが申し訳なくて言えない』(40代男性/会社員)

『正直、悪者になりたくない』(20代男性/インストラクター)

申し訳ない気持ちや罪悪感。自分で自分を責めてしまうタイプの男性にありがちな“逃げる”という選択。相手を傷つけたくない、でも自分も傷つきたくない。“自分が悪いのは分かっている”からこそ、その罪悪感から逃れようと別れ話から逃避するのです。

でも実際、恋愛なんて嫌いになった方が別に悪いわけでもなく、心変わりすることに良いも悪いもないのですけどね。それが恋愛というものですから。気にすることはないのに、“過度に悪い自分になるのが嫌な人”ということです。

(3)別れ話をしても良いことは一つもないと思っている

「別れよう」。この言葉から予想される女性からの次の言葉は、「なんで?」。そう、“理由を求められる”のです。別れたいと思う理由がきれいなことなんてあるハズもなく、だからといって理由を言うと女性は傷つき泣く……。それが嫌だから、優しい嘘をついてみたとしても信じてもらえず、「どうすれば良いのだ」とどっちにしろ傷つけてしまう。

だとすると、何のメリットもない別れ話をするよりは、逃げた方が楽なのです。相手を傷つけたくないというのも本心だとは思いますが、それよりも自分が悪い人になりたくない、地獄を見たくない、ということ。それは“本当の優しさ”ということではなく“ズルい男性”だからです。


“別れ話を避ける”このタイプの男性は、男らしくない男性だったということに気付けてよかったと思うことが大切です。本当に優しい男性なら、どんな地獄を見ようがきちんと向き合って別れ話をしてくれます。だって、その方がたとえそのときに女性は傷ついても、女性が次の恋愛へ前を向いて歩ける。

いつまでも煮え切らない感情で、不安だけを持って悲しい思いをして過ごす毎日よりどんなに楽なことか……。だから、“別れ話をしない男性”はその程度の男性ということで、とっととこっちからも連絡をしないで早く忘れようとするのがベストかもしれません。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする