諦めなくてOK! フラれた相手に再告白するときのポイント2つ

【相談者:20代女性】
先日、好きだった職場の先輩に告白しました。けれど、結果は残念……。フられてしまいました。「仕事が忙しくて、恋愛する気分じゃない」と言われてしまいました。しかし、先輩のことを今も変わらず好きです。諦めきれないのです。

先輩にとって私は、恋愛対象じゃないのかもしれません。しかし、スッパリと諦めきれなくて、もう一度機会を見て告白したいと思っています。とはいえ、しつこくて先輩を困らせるようなことはしたくありません……。フられた相手に重たく思われないようなアプローチ法を教えてください。

a 全然アリ。自分をアップデートすることは忘れないで!

ご相談ありがとうございます。欲望デザイナーのriiihoです。

全然アリだと思います。一度はお断わりした相手でも、何度かアプローチされているうちに心が動く……なんてことも世間ではよくある話です。諦めたらそこで試合終了、つまり、粘ったもん勝ちなところはあります。しかし、やたらしつこいだけではもちろんNGです。

厳しいことを言うようですが、今のあなたがフられてしまったのは、相手に認めてもらえない何かがあったから。つまり、そこを補充する必要があります。1点目は、“自分の欠点を客観的に見つめなおし、時間をあけて告白する”ということ。2点目は、“「諦めきれないので、頑張ってみてもいいですか?」などと相手に委ねつつ次の反応を見てみる”ことです。

この感触が思わしくない場合、諦めた方が無難かもしれません。順に見ていきましょう。

151126riiiho01

(1)自分の欠点を客観的に見つめなおし、時間をあけて告白する

まずは、相手にフられてしまったという事実を深掘りして捉える必要があります。いくら男性側の理由でフォローしてくれたとしても、つまるところ相手に認められない部分があったと捉えるようにしましょう。

『職場の相手とか、自分と今後関わりのある相手だったらあまりハッキリとは欠点を指摘しにくいかも。だけど、相手が変わったな……って感じたら、逆に告白されたことを意識してこっちが気になりだすこともありえるかもね』(28歳男性/営業職)

『間をあけずやたらしつこく言い寄られたら不愉快かも。追いかけられれば追いかけられるほど冷めるのが男性だと思うから……。そのあたりは察してほしいよね』(32歳男性/不動産関係)

フられてしまった今日からがスタートです。自分を総合的にアップデートするために、客観的に見つめなおしてみましょう。失恋というのは、外面のみならず内面を磨く絶好のチャンスでもあります。そのうえで周りの評価を大切にしながら、時間をあけて再度告白してみましょう。

(2)健気に、軽いジャブを打ってみよう

自分がフられた立場であることを自覚しつつ、次のジャブをまずは打ってみることをオススメします。相手にとって恋愛対象内なのかどうかを探りつつ、相手へそれとなく気持ちを伝える作戦です。

『「フられちゃったけど、好きになってもらえるように頑張ってもいいですか?」って言われた子には、思わず心が動きそうになった』(23歳男性/大学生)

『クヨクヨと気にするよりも、前向きに「どうしたら好きになってもらえる?」みたいな姿勢でいいと思う』(26歳男性/エンジニア)

大切なのはポジティブシンキングです。前向きに捉えましょう。自分の立場をわきまえつつ、相手に好きになってもらえるような努力を重ねましょう。


1度目の告白だって、決してムダなものではないはずです。この1回によって、確かにあなたが意識していることは相手に伝わったからです。好意は、ある日突然芽生えていることに気付くもの。どうか諦めずに頑張ってくださいね。応援しています。

●ライター/riiiho(欲望デザイナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする