クセになってない? 何気なくやってしまう顔が大きくなる生活習慣5つ

【相談者:20代女性】
二重あごと顔のたるみが気になっています。日々の生活のクセで顔が大きくなっていくと聞いたことがあるのですが、本当でしょうか? これ以上大きくしたくないし、できればシェイプアップしていきたいと思っているのですが……。フェイスラインをスッキリさせるコツを教えてください。

a 大顔の原因は、顔ではなく“頭”!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

顔が大きくなったり、たるんでしまったりする原因は“加齢(老化)”だけではありません。日常生活のちょっとしたクセで体が歪むと、バランスを崩して大顔や二重あごを招いてしまうのです。

美容整形サロン『アクアヴェーラ』代表の波多野賢也先生によると、顔のたるみや大顔の原因のひとつは“頭蓋骨のゆるみ”。“ほおづえをつく”“足を組む”“(食事の際に)かまずに飲み込む”“パソコンを使う”“猫背”“肩こり”など、多くの人がおこないがちなクセや姿勢が“大顔”の原因となっているケースが多いのだそうです。

そこで今回は、小顔をキープするために実践したい5つの生活のコツをご紹介します。

151125nao

大顔を招くNG習慣をなくす、5つのコツ

(1)顔のバランスを乱す姿勢を避ける

ほおづえをついたり、いつも同じ方向に顔を傾けたりするクセは、頭が歪み大顔になる大きな原因。ぼーっとしているときやスマートフォンを操作しているときなどの姿勢を見直し、顔の片側だけに力がかからないようにしましょう。

(2)足を組むクセをなくす

片方の足ばかりを組むクセがつくと、全身のバランスが崩れ顔のゆがみに発展。いつも同じ方の足を組むクセのある人は、定期的に足を組み替え左右のバランスをとりましょう。最終的には足を組まないようにしていきたいですね。

(3)食事の際は、両方の歯でよく噛むようにする

口周りの筋力が弱まるとたるみや二重あごを招きます。食事の際によく噛むように心がけることでほおの筋力を鍛え、フェイスラインを引き締める効果が期待できます。片側だけで噛むことも歪みの大きな原因です。両方の歯をバランスよく使い、よく噛むようにしましょう。

(4)パソコンのしすぎや姿勢の乱れを避ける

パソコンを長時間使うと、ついつい前傾姿勢に。猫背も歪みの原因のため、注意が必要です。同じ姿勢を長時間続けると、体液循環が滞ってむくみやすくなります。パソコンをする際は姿勢を正し、定期的に休憩をしたり体を動かしたりしましょう。

(5)体液循環をスムーズに

気づいたら猫背になっていたり、肩こりに悩まされたりしていませんか? 体が縮こまっていたり肩こりがあったりする場合は、体液循環が滞っている可能性大。ストレッチや姿勢の改善で体液循環をスムーズにすると代謝がよくなり、むくみやたるみを防ぎやすくなります。

毎日の過ごし方でボディラインやフェイスラインが変わる

これまでに食べてきたものが今の体をつくっているように、これまでの生活習慣が今のフェイスラインやボディラインに表れています。“日々の過ごし方が美しいフェイスラインを実現する”と心得て、歪みにくい姿勢や代謝をよくする習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
・『1日1分! 骨をしめて上げる! 「顔やせ」ダイエット』波多野賢也・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする