飲むべきものはコレ! ツラ〜イ二日酔いの乗り越え方3つ

ニッチネタライターの今井ゆかりです。

熱燗がおいしい季節になってきました。冷えた体を焼酎や日本酒で温めつつ、ついつい飲み過ぎて千鳥足。そして、次の日は決まってつらい二日酔いに見舞われてしまう……なんて経験のある方も多いはず。

「昨日あんなに飲まなければ」「あのへんで飲むのをやめておけば」「ウーロンハイにしておけば」「結局チャンポンしちゃったから、ウコンも飲んだはずなのに……」と後悔と具合の悪さでダブルパンチ。いくら後悔しても反省しても、二日酔いは帳消しにはなりません! 気持ち悪いのも頭が痛いのもなかったことにはなってくれません。

今回は、そんな後悔と反省の中にいる人たちが少しでも楽になるために、翌朝飲むといいものについて筆者かかりつけの先生にインタビューを行ってきました。

151123imai

(1)二日酔いの日はひたすらぬるま湯を飲むこと!

先生:『二日酔いでつらいときは何も喉を通らないと思いますが、水分補給をしっかりやりましょう。今はインターネットにたくさん書いてあるので知っている人も多いと思いますが、アルコールを分解するためにはお水が必要なので、たくさん摂取しましょう。でも、キンキンに冷えたお水は体を冷やしてしまうので、余計具合が悪くなる可能性があります。人肌よりちょっとぬるめのお湯を飲むことをおすすめします』

(2)吐いたらスポーツドリンクを飲みましょう!

先生:『もしつらすぎて吐いてしまった場合は、落ち着いてからスポーツドリンクを飲みましょう。吐いてしまったことで、栄養分が失われてしまっている可能性があります。水分補給だけではなく、塩分やミネラルの補給もできるので脱水症状を防ぐことができます。一般的に売られている缶やペットボトルのものは味が濃いので、お湯で薄めて時間をかけてゆっくり飲むようにすると胃袋に優しいですよ』

(3)水分を補給したら寝ること!

先生:『起きているのもつらいと思いますからね。しっかり水分補給をしたら、あとは体が体内のアルコールを分解し終えてくれるのを待ちましょう。枕元にペットボトルを置いておくといいですよ。大体2時間くらいゆっくり休めば、楽になってきたと感じられるかと思います』


今井:『先生、なんかさっきからお湯で薄めすぎなんですけど、濃い味嫌いなんですか?』
先生:『私は濃い味が嫌いなんじゃなくて、知覚過敏で冷たいものが苦手なだけです』
今井:『歯医者行ってください』
先生:『今井さん、二日酔いには点滴が効果バツグンですが、どうです? やられていきますか?』
今井:(逃亡)

●ライター/今井ゆかり(ニッチネタライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする