【相談者:10代女性】
クラスの男子に、とにかくチャラい奴がいます。彼女はとっかえひっかえだし、そういう時にだけ会う関係も何人もいるみたいです。病気とか妊娠とか怖くないのかなって思うし、見た目はイケメンのうちに入ると思うけれど、軽すぎて正直近寄りたくもありません。

男子はそいつのことを「すげー」とか言ってますが、男は結局ヤリたいだけなのでしょうか。何でそんなに簡単にヤレるのか不思議でなりません。

a ゲーム感覚の軽さが不快。

こんにちは。恋愛からメンタルヘルス、サブカルチャーまで、数多のお悩みにお答えするマルチプル・カウンセラーのyanagiです。

若さ故のなんとやら……と思えなくもありませんが、文面から漂う嫌悪感から、その彼のチャラさ加減はかなり酷いレベルだと推察されます。「またひとりヤったぜ!」という感覚で、テレビゲームをクリアするような本当に軽い気持ちで女の子と接しているのではないか、と感じます。その軽さがきっとあなたにとって不快な気持ちを与えているのでしょう。

自分を含め、女性そのものを軽んじられているような気持ちになっているのではないかと思います。

th_charao

女の子を落としたとき、征服感・達成感を感じる部分は確かにある

男性の心理状況として、狙った女の子を落とせたときに、「征服感」や「達成感」を感じることは少なくありません。年齢が若ければ若いほど、その傾向は強いと言ってよいでしょう。

「彼女ができた」「○人とヤった」などと友達に自慢をするのは、自分の成果を認めてほしいという心理状態から発生する行為です。これらは動物の狩りに通ずるところがあります。例えば、飼い猫が鼠や虫を捕まえたとき、飼い主に仕留めた獲物を見せに来ることがありますが、それと一緒です。

クラスの他の男子たちが彼のことを羨むような反応を示していることに対しても嫌な気持ちになられているようですが、彼らも全員が全員、たくさんの女の子と関係を結ぶことを願っているわけではありません。「常に女の子がいてうらやましい」という気持ちや、「そもそも女の子に声をかけられることがすごい」というようなレベルの思いも含めて、彼に羨望の声をあげているのだと思われます。

あとは単純に、「ヤった人数=クリアしたゲームの数」というようなゲーム的な思考もあることでしょう。ゲーム内の話で、「あいつ強い武器持ってるし、レベル高いしすげーよな」と言っているのと変わらない程度です。子供っぽいと言えば、その通りです。

それでも納得がいかないかもしれませんが、チャラ男の彼を含めた男子諸君が、女性の本当の価値や大切さに気付くまでには、どうしてもまだまだ時間がかかるのです。

「自覚なき連チャン状態」で、脳内麻薬物質が垂れ流しの可能性も

チャラ男の彼が自分で想像していたよりもモテてしまっていて、「声をかければオチちゃうんだよね」というような状態であるとしたら、それはまた単なるゲーム感覚とは少々違う側面を持っていることになります。

10代の女の子に対して適切な例えとは言えないので恐縮ですが、賭け事で大当たりが続いて勝ち続けているとき、人間は脳内で麻薬物質を作り出し、興奮状態や中毒状態を作り出します。脳内麻薬で興奮状態にある場合、ギャンブルであれば「次の当たり」を求めます。ほとんど脊椎反射です。同じ理由で、彼は「次の女の子」を求め続けているのかもしれません。

その彼がもしもそのような状態にあるのだとすれば、いつかその連チャン状態=大モテ時期が終わったときに、ふと自分を顧みることでしょう。そしておそらくはきっと、虚しい日々だったと思うことでしょう。

その時はじめて、彼は女性とは何だったのか考え始めるのです。

●ライター/yanagi(心理学専門家)