できて当たり前!? 男性が魅力的な女性に対して感じた負のギャップ4つ

【相談者:30代女性】
人って、それぞれ個性があると思うんですが、それとは別にギャップというものもありますよね。ギャップがいつも良い方向に作用するとは思えず、マイナスのギャップというものもあるのではと考えています。男の人が女性に感じるマイナスのギャップってどんなものがあるのでしょうか?

a 自分を魅力的に見せることとマイナスのギャップは隣り合わせ。

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

女性は、メイクをすることで自分をより魅力的に見せたり、時には色っぽい服を着ることでセクシーな演出をしたりと、自分自身をより良く見せながら生きていることと思います。自分自身をより良く見せながら生きているということは、そうでない部分が露呈してしまうと、たちまちマイナスのギャップにつながってしまうということになります。

そのため、キレイに着飾って生きている女性にとっては、どんな場面もどんな瞬間も、マイナスのギャップと隣り合わせで生きているということだけは意識してください。ドラえもんでたとえると、のび太は失敗したときよりも成功したときのほうが脚光を浴びますが、出木杉君は成功して当たり前と思われているため、ひとたび失敗してしまうと、周りを失望させてしまうというマイナスのギャップにつながってしまうのです。

そう考えると、男性から見てプラスの印象を感じさせる女性、カワイイ女性だったり、キレイな女性だったり、清楚な印象を与える女性というものはマイナスのギャップを生みやすく、男性にとって見た目がそれほどタイプではなく魅力的に感じない女性の方が、プラスのギャップを生みやすいということになります。

ここでは、男性がどんな場面やどんな瞬間に、女性に対してマイナスのギャップを感じているのかをインタビューしてきましたので、参考にしてみてください。

151118tokiwa

(1)性格編

『天然キャラでふんわりした雰囲気だと思っていたのに、ケンカになると激変して尖った性格になるというギャップ』(25歳男性/美容師)

『甘えてくる系の性格が好きで付き合い始めたのに、仕事の話や知識の話に対しては、妙にプライドが高くて……。こっちを論破してこようとする性格には、余計なギャップを感じてしまいます』(26歳男性/営業職)

『自分よりも雑な性格が垣間見える瞬間、女性に対してマイナスのギャップを感じてしまいますね』(32歳男性/営業職)

(2)エチケット編

『清楚な見た目をしているのに、食べ方が汚いとき』(35歳男性/総務職)

『僕は女性の歯を見てしまいます。どんなにキレイな人でもカワイイ人でも、笑ったときに見える歯が汚かったり、形がガタガタだったりするとダメですね。見た目がいい女性ほどマイナスのギャップになってしまいます』(31歳男性/技術職)

『清楚なイメージの女性が、朝の通勤電車内で周りをはばからずにメイクをしている様子を見ていると、マイナスのギャップを感じざるを得ません』(29歳男性/営業職)

(3)下手編

『女性はみんな、ある程度歌がうまい印象があるので、カラオケに行ってすごく音痴な女性がいると負のギャップを感じてしまいます』(24歳男性/介護職)

『仕事もスポーツもできて、何でもこなせる女性というイメージがあるのに、なぜか料理だけは下手だと聞いたときちょっとガッカリしました』(28歳男性/派遣社員)

(4)番外編

『見た目も性格も申し分ないレベルの女性が、実は付き合った男の数がそんなに多くないということを聞いたときには、どこかに問題のある女性なのかなって妙なギャップを感じてしまいます』(32歳男性/デザイナー)

『男を誘うような色気たっぷりな服装をしているのに、期待よりも胸のサイズが小さかったとき』(28歳男性/営業職)


男性のこういったコメントを聞いていると、女性らしく生きていくことを意識すればするほど、マイナスのギャップのリスクにがんじがらめになってしまいそうですね。魅力的な人であればあるほど、そのギャップも大きくなってしまうということになりますので、常に気が抜けない生き方を強いられてしまうような気がします。

だからこそ、自分の欠点や短所、本音やありのままの姿を受け入れてくれる男性との出会いが、貴重ということになるのかもしれませんね。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする