美容のプロが伝授! 3種のコンシーラーでクマ・シミ・ニキビを隠すコツ

【相談者:30代女性】
目のクマ、シミ、ニキビなどの肌トラブルに悩まされています。根本的に治すのが一番ですが、手っ取り早くメイクで上手に消したい……。でも、隠せずにかえって目立つような気がしています。クマやシミがあることを隠せるようなメイクテクが知りたいです!

a 3種類のコンシーラーを使い分けて上手にカバーしましょう!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

お肌のトラブル、メイクでうまく隠せないと気分が沈んでしまいますよね。とくに目のクマ、シミ、ニキビは大人の肌トラブルにつきもの。さっと隠せるテクニックがあれば安心ですよね! 今回は美容業界で働く女性たちに“とっておきのメイクテク”を聞いてみました。

151118haruna

まずは、3種類のコンシーラーを使いこなそう

鏡を見たときにハッと気がつくクマやシミ、突然できるニキビ。お出かけ前に上手にカバーしておけば気持ちも明るくなりますよね。とはいえ、間違ったメイクでかえって目立ってしまうこともあります。まずは、カバーメイクに欠かせない“コンシーラー”から見直しをしてみましょう!

(1)筆ペンタイプ

コンシーラーの中でもリキッドファンデのように柔らかいタイプは、目のクマ隠しに最適です。

『柔らかく水っぽいリキッドは、なじみやすく目元のカバーに最適です』(28歳/美容師)

(2)粘り気の高い固形タイプ

1度でさっと気になるところを隠せる粘度の高い固形タイプは、シミを隠すのに最適です。

『パレット型になっている粘り気のあるものは、シミをピンポイントで隠す効果があります』(32歳/エステティシャン)

(3)硬いペンシルタイプ

ペンシル型になっている固形のコンシーラーは、カバー力が一番高いタイプです。ピンポイントで隠したいニキビや吹き出物などに最適です。

『スティック型の固形コンシーラーはカバー力が高いので、隠れにくいニキビ隠しに』(31歳/ヘアメイク)

目のクマを隠すカバーテクニック

まずは、目のクマを隠すテクニックから。

『目元の部分に厚ぼったくコンシーラーがついてしまうと、そこだけ浮いて悪目立ちしてしまうので気をつけて! 少し柔らかい筆ペンタイプのコンシーラーを選びましょう。色はオレンジ系のベージュが使いやすいです』(31歳/美容部員)

(A)クマの下のラインに、コンシーラーをトントンとおきます。
(B)そのコンシーラーを指の腹で軽くトントンとパッティングしてなじませます。

シミを隠すカバーテクニック

シミを隠すときは、粘度のあるしっかりとした固形タイプを選びます。

『シミが気になる部分においてカバーします。その後、指の腹を使って力を入れずに軽くパッティングします。コンシーラーと肌の境目をなくすようなイメージで』(29歳/美容師)

ニキビ・吹き出物を隠すカバーテクニック

『赤みのあるニキビは、肌よりも明るい色のコンシーラーを選ぶと白く浮いてしまいカバーできないので注意して。ワントーン濃い色を選びます。一番固いコンシーラーを選ぶときちんとカバーできます』(31歳/ヘアメイク)

(a)ニキビ、吹き出物が気になる部分にピンポイントでコンシーラーをのせます。
(b)パウダーファンデーションをスポンジの角につけて、コンシーラーを置いた箇所をトントンとやさしく叩いてなじませます。ニキビ部分は指でなじませないように注意しましょう。


美容業界で働く女性たちにカバーメイクのコツを聞いてみました。気になる部分が隠せないのは、コンシーラーのタイプが合っていないせいかもしれません。色選びもポイントになるので、肌なじみのよい色を探してみてくださいね!

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする