勝敗は注文で決まる!? ケチだと思われる婚活男性の振る舞いと改善策

【相談者:30代男性】
あるとき、会社の女性社員が僕のことをケチだと噂していることに気が付きました。最近、お見合いをスタートしたのですが、仲人の指示により割り勘にしています。交際を断られることが多いのですが、もしかしたらこれが原因なのかもしれません。女性と一緒にいるときのお金の支払い方法を教えてください。

a 初回だけは男性が全額支払って間違いはない。

ご質問ありがとうございます。婚活塾、塾長の藤田サトシです。

お見合いにおいては、初回は割り勘とする相談所が多いですが、『結婚相談所みなみ会』に取材して聞いた結果、初回は男性が全額支払うのがマナーとなっていることも多いそうです。

多くのデートマナーの本を見ても、男性が支払い、そのあと店を出てから、女性からもらうこともあると書かれています。ただし、女性が支払おうとするのは儀式のようなものであり、男性は1回は断るのがマナーと書かれている本も多くあります。

女性が「どうしても支払いたい」と強く伝えてきた場合は別ですが、それ以外は女性に請求することなく、自分が支払って問題になることはありません。

151120fujita

男性がケチだと見抜かれた事例

ちょっと信じられないことですが、お見合いで実際にあった事例をご紹介しましょう。お店に入ってから、「僕は水でいいです」と言う男性も存在するというのです(『相談所ライフアロー』調べ)。言うまでもなく、この時点でお見合いが終了します。

また、マナー講師であるさかいしのぶ氏に聞いた事例ですが、よくあるのが、「この店は高いので僕はコーヒーだけにします」というケース。当然ですが、これも終わります。

とくに技術系や事務系の会社員で、社外の人と付き合わない人にこの傾向は強いようです。接待する機会がないので、ずっとマナーを知る機会がなくきてしまったわけです。それを、相手は「ケチ」だとストレートに言ってはきません。

こういった失敗は、日ごろから倹約して生活している人に実際に多いケースです。これを見た瞬間に、多くの女性は「一緒に暮らしても、いつもこの調子で楽しいはずはない」と感じてしまい、心のシャッターを下ろしてしまうのです。

お見合いでファーストフード店に連れて行くのはNG

お見合いは多くの場合、シティーホテルのラウンジや花屋の前で待ち合わせというのが一般的です。しかし、せっかくホテルで待ち合わせしながら、男性側からファーストフード店へ移動するように言われ、そこでお見合いをさせられるというケースもあるのだそうです(『結婚相談所みなみ会』調べ)。当然ですが、これもこの時点で終わります。

普通は言うまでもありませんが、ファーストフード店は込み合っており、周りの客に話の内容が聞かれる距離感であり、お見合いには不向きであると覚えておきましょう。

おすすめの注文は“ケーキセット”か“アフタヌーンティーセット”

マナーの本に書かれていますが、「ケーキセットでいかがでしょうか?」が、単純に「お茶でも飲みましょう」よりも数段スマートになります。通常、どこのお見合いの現場を見ても、飲み物しか頼まないケースばかりですから、それだけで評価されることが多いのです。

多くの女性は甘いものが好きであるものの、自分からは注文しづらいので、男性から誘導されれば心地よく、その男性を「気が効く」と査定します。

そして、多くのホテルのラウンジでは、アフタヌーンティーセットが用意されています。土日の『パークハイアット』や『帝国ホテル』『横浜ベイシェラトン』などのラウンジへ行けば、2~3割の女性がアフタヌーンティーセットを注文しているのを見かけます。

そのため、お腹が空いた女性と一緒のときには、ケーキセットよりもアフタヌーンティーセットを注文してあげれば、さらに自分への評価が高まるわけです。

先に自分がメニューの中で高額なものを選ぶのも有効

女性は、特に初回のお見合いでは、男性が何を注文するかをよく見ているわけです。それだけで、その人の生き方が見えてくるからです。ここでよく見せたい男性は、どうすればいいか?

男性が先に、メニューの中から高めのものを選べば、何も問題はなくなります。後から注文する側となる女性は、男性よりも高いものを選びにくいのです。だからこそ、先に男性が高いものを選ぶだけで、後から注文する側の選ぶメニューの幅が広がります。さらに、一緒にいて楽しめる人だと直感してくれるのです。

三ツ星レストランの店員を模倣するのもアリ

三ツ星レストラン『ジョエル・ロブション』に、世界一のおもてなしをする店員がいると話題になったことがあります。その店員は、お客がメニューのどこを見ているかをチェックし、何を食べたいかを見抜き、ここから対応するのだそうです。そこまでお客への気配りができているからこそ、その店員が世界一の称号を得られたわけです。

もし、女性と一緒だったならば、自分も同じことをすればいいわけです。けして難しいことはありません。多くの場合、メニューで見ているものが食べたいもののはずです。それを注文できるように促してあげれば、けしてケチに見られることはなくなります。

少し予算はかかりますが、これをされたら、女性の多くは喜ぶこと間違いなしです。結果、効率よく婚活ができることになるわけです。

●ライター/藤田サトシ(婚活塾 塾長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする