恋愛結婚より“お見合い結婚”が上手くいく理由

【相談者:40代男性】
初めまして。私は3年前に離婚し、目下新しいお相手探し中の40代男性です。

知り合いに結婚相談所で積極的に婚活(お見合い)をしている男性がいるのですが、彼が言うには、「お見合い結婚の離婚率は恋愛結婚よりずっと低い」そうなのです。

それはなぜでしょうか。

次こそは失敗しない結婚を……と思っている私に、お見合い結婚の良さを教えてください。よろしくお願いします。

a お見合い結婚の離婚率が低いのには理由があります!

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

まずは数値的なことから……。

近年、日本の離婚率は全体の30%に及んでいると言われています。3〜4組に1組は離婚している計算です。

そして、「恋愛結婚」の離婚率は40%、「お見合い結婚」の離婚率は10%と言われています。

この差はなぜ生じるのでしょう。

諸説ありますが、以下に「お見合い結婚の離婚率が低い5つの理由」を挙げてみます。

th_toyo_kana_160315_12_25780395266_o

(1)お見合い結婚では理性的に相手を観察できる

よく「恋は盲目」と言いますが、恋愛結婚では結婚前に気持ちが燃え上がりそのまま勢いで結婚するケースもあります。

お見合い結婚ではまず条件から入りますから、理性的に相手を観察することができるのです。

(2)お見合い結婚では「結婚」について相手とよく話し合う

お見合いはそもそも結婚が目的ですから、出会った直後から「結婚」についての価値観や、実際に結婚生活が上手くいくかどうかを話し合うことができます。

結婚したあとに考え方の違いに気づいて「しまった!」ということになりにくいのです。

(3)お見合い結婚のカップルは平均年齢が高め

お見合い結婚をするカップルの平均年齢は、恋愛結婚のカップルより高めになります。

若いうちの恋愛結婚は勢いで進むことも多々ありますが、大人同士のお見合いカップルは慎重に、穏やかに結婚を決めていきます

(4)お見合い結婚は第三者の意見が取り入れられやすい

大恋愛中のカップルは「2人の世界」を構築してしまい、周りの意見が一切聞こえなくなってしまうこともあります。

お見合いでは仲人など第三者の意見を聞く機会を得られ、それが冷静さを保つための一助になります。

(5)お見合い結婚は相手を良く知らないうちに結婚する

結婚生活には、恋愛時代には問題にならなかった親戚付き合いや収入面のこと、子育ての方針などクリアすべき課題が山積みです。

その課題に直面するうちに現れた「相手の変化」は離婚原因になることがありますが、それは相手に期待を抱いていたからこそでしょう。

お見合い結婚では相手のことを深く知らずに結婚するので過剰な期待を抱くことがありません。

良い意味であきらめて、共同作業の中で違いを埋めていくことができるのです。


まとめますと、お見合い結婚の特徴は、

・冷静
・慎重
・理性的

この3点が揃っているのが、離婚率が低くなる理由なのでしょう。

燃え上がるのではなく、穏やかに温める愛……。

「恋愛結婚は好きになってから結婚し、お見合い結婚は結婚してから好きになる」とは良く言ったものです。

もちろん、全てのお見合いカップルがこうとは限りませんし、恋愛結婚でも冷静なカップルはいます。

大切なのは「お互いの違い」を当たり前のこととして認め、コミュニケーションを欠かさないこと、なのではないでしょうか。

結婚はゴールでなくスタート、ですからね!

素敵な出会いがありますように。心から応援しています。

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (38)
  • うーん (29)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする