20代が限界!? “ガーリー依存症”から抜け出し大人の女性になる方法

【相談者:30代女性】
学生時代の彼氏と別れてから、彼氏ができません。昔は誘われることもありました。自然に出会えると思っていたらこの年になっていました。ごく普通に大学に進学して、真面目に就職してちゃんと働いていて、友達もそれなりにいると思うのです。昔の友達はみんな結婚しました。「もう結婚しているのかと思った」とよく言われます。私には何が足りないのでしょうか?

a “カワイイ服”は大人をかわいくしない。

こんにちは。彼氏づくり専門家の菊乃です。

ご相談者の方はアラフォーで堅いお仕事をされている女性でした。真面目で優秀な方です。優秀な女性は言われたとおり勉強すれば進学できたのでしょう。親御さんにとって自慢の“いい娘”だったかもしれませんね。こんな真面目ないい娘だったであろう方からのご相談が多いのです。外見にも特徴があります。女っぽいというか、“女の子”っぽいのです。

151117kikuno2

“女の子”から“大人の女性”に変身!

こちらのご相談者の方はネイビーのタック入りフレアスカートをはいておりました。太ももとお腹を気にしてフワッとした服を着ていらっしゃるのです(スレンダーで太っているようには見えませんでしたが)。20代前半ならこのフワフワっとしたコーディネートもありかもしれませんが、アラフォーだと年相応の格好ではありません。

そこで、私が選んだワンピースを試着してもらいました。すると、一気にキレイな大人の女性になりました。タックが入っているので、おなか周りも気になりません。お召しになって、「大人っぽい」とワンピース姿の自分を見て言っていたのが印象的でした。もう、十分に大人ですから(笑)。

見比べてみれば一目瞭然でしょう。写真のどちらの女性の方が女っぽいでしょうか? こういうウエストラインが出るワンピースは持っておくと重宝します。ジャケットを着れば仕事にも行けますし、タイツやロングブーツと合わせるとこれからの季節も活躍するでしょう。大ぶりのアクセサリーをつければパーティーや結婚式の二次会にも対応できます。もちろん、スーツの男性とのデートにだって対応。

ガーリーテイストは20代で卒業したい

クローゼットを見せていただくと、似たような“いい娘”風が多いのです。ガーリーテイスト。ガーリーテイストな女性誌と言えば、コンビニで表紙を見てもらえばわかるけれど、20代のモデルを使っている10〜20代向けの雑誌です。よほどのオシャレ上級者じゃないかぎり、ガーリーは20代で卒業したい。

服を買いに行ったり、友達が何を着ているのか気になったりした時期は少々敏感だったのかもしれません。しかし、堅い職場ほど、派手にすれば指摘を受けてもダサい分には指摘は受けない。「流行っているよ」という情報は入ってきても、「もうそれは終わりだよ」という情報はないものです。

気が付けば“女”になるのを忘れて、“カワイイ服”を着ればかわいいと思っているアラサー、アラフォーが出来上がる。服から“娘気分”を脱出しましょう。ご相談者の方は今までの服を捨てて、これ以外にもシンプルでラインがすっきりした服を購入。職場でもとても褒められたそうだ。

あなたもいまだに娘気分で“カワイイ”に執着していませんか?

ガーリー依存症チェック。あなたはいくつチェックが付く?

(1)“カワイイ”と“キレイ”なら“カワイイ”を目指す方が簡単だと思っていた
(2)安定志向が強く保守的なほうだと思う
(3)服を買うお店が学生時代から大きく変わっていない
(4)カーディガンを着ることが多い
(5)ボックスプリーツスカート、ネイビーのフレアスカート等、“いいコ風”の格好が多い
(6)つま先の丸っこいストラップ付きシューズを履いている
(7)仕事は医療、金融、公的機関、教育機関、大手メーカー等の“堅い職場”である。
(8)服や化粧品を選ぶのが面倒で誰かに正解を決めてほしいと思う
(9)転職経験が少なくて1つの職場に4年以上いる
(10)今の就職先を選んだ基準は“親が喜ぶかどうか”だった
(11)男性からモテるための努力に対して“女を使う”“媚びている”とマイナスイメージを持っている
(12)体のラインを出す服を見ると自分の年齢を忘れて“大人っぽい”と思ってしまう

新しい服を着て会社に行くワクワク感、視線が気になる緊張感、服が変わると雰囲気も仕草も変わってくる。これが出会いにつながっていきます。

【参考文献】
・『雑誌の人格』能町みね子・著

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (14)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする