デート感覚で健康に! カップルで楽しくジム通いを続けるコツ3つ

こんにちは、ニッチネタライターの今井ゆかりです。

現代の日本において、一体どれだけの人々が自信を持って、「運動は十分です」と言えるのでしょうか。健康診断でお医者さんに、「定期的な運動を心がけてください」と言われた人は一体どれくらいの人数にのぼるのでしょうか。

「なかなか定期的に運動なんて腰が重いわ」という女性、「仕事で疲れてなかなか運動できてないなぁ」という男性、カップルでジムに通ってみるのはどうでしょうか? 今回はカップルでジム通いをしている人に聞いた“ジム通いを楽しむ秘訣”をご紹介します。

151116imai

恐怖は運動不足だけではない

秋到来! 紅葉の季節もやってきて、街では秋の味覚をばーんと押し出した飲食店のメニューがずらずらと並びはじめています。さらに、きたる冬に向けて熱々のお鍋や脂の乗った魚料理を熱燗でクイッと楽しむことにワクワク胸を躍らせている方も多いのではないでしょうか? 考えただけでよだれモノです。

しかしながら、食べることにばかり夢中になっていると春に向かってどんどん体重は右肩上がり! 冬は厚着で気にならなかったぜい肉が春に向かって存在感マシマシになってくる……。そんな悲劇に出くわさないためにも、食べたら食べた分、運動をして体型をキープしておきたいところです。

筆者も秋を迎えるにあたりジムに通い始めたのですが、実際問題これがなかなか思ったように通えていません。サボりがちなジム通いも彼と一緒に行くことで長続きするのでしょうか。カップルでジムに通っているY子さんがその秘訣を教えてくれました。

カップルがジム通いを楽しむ秘訣

(1)待ち合わせ時間をちゃんと決めること

ジム通いもデートと同じだと考えています。2人でちゃんとジムに行く日程や待ち合わせの時間を決めて約束します。現地集合ではなく駅や近くのカフェで待ち合わせをした方がお互いに相手を待たせてしまう緊張感が生まれるのでおすすめです。

通う周期も、「毎週何曜日に行こう!」としてもいいのですが、急な予定が入ったときに流れてしまうことがあるので、私たちは「次回は何日に行こう!」といった感じでその都度、予定を合わせるようにしています。

(2)できるだけ一緒に行動すること

いろいろなトレーニングマシンがあると思うのですが、できるだけ2人で同じようなトレーニングをやるのをおすすめします。1人で黙々とトレーニングするより、「腹筋めっちゃつらい~」とか、「次はもうちょっと重いのでもできそう!」とか報告し合いながらやるとはかどります。私たちは準備運動のときに柔軟も2人で手伝いながらやっています。

(3)トレーニングする時間を決めておくこと

今日は筋トレを30分やってジョギングを40分やるとか、その日にやりたいことと時間をお互い伝え合っています。日によってお互いかける時間がバラバラなこともありますし、もっとトレーニングやりたいとか、疲れているから少し早めに切り上げたいとかそういった話が出てきます。

ですので、折衷案というかお互いに丁度いいところを決めてトレーニングを始めます。その方が後から不満がないですし、帰る時間も合わせることができるので、結果的に「今日もジム行って楽しかったね!」となりやすい気がします。


1人だとなかなか続かないジム通い。カップルで気持ちを共有し合うことで連帯感が生まれて、結果ジム通いが楽しくなってくるという黄金ループを作り上げることができるようです。

Y子さんカップルはなんだかすごく健康的にジム通いを楽しんでいますが、もしジムで楽しみ方をはき違えたイチャイチャカップルを見つけてしまったら、筆者は怒りのあまりいつもの3倍くらいジョギングしてしまいそうです。

●ライター/今井ゆかり(ニッチネタライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする