執着心がドンドン増す!? 長期間に渡る片思いを諦められない人が陥る心理

【相談者:20代男性】
中学生のときに、ある女性に一目惚れをして以来、その女性にぞっこん状態になってしまいました。メールのやり取りはありませんでしたが、成人式のときに友達の協力もあってLINEを交換し、多少はやり取りをするようになりました。しかし、周りの友達を誘ったお出かけなどもドタキャンされ、友達からは「もう諦めろよ」「脈がないんだよ」「いい人見つけろよ」と言われます。

それでも、今まで告白できていないこともあり、諦めきれないのが本音です。「この人が一番」「どうしても付き合いたい」「この人のためなら何でもできる」などの感情が強い一方、「あの人が幸せになれるのなら諦める」「見た目的に釣り合わない」「高嶺の花」などの感情もあります。この恋は、強制的に諦めるべきなんでしょうか? それともまだチャンスはあるんでしょうか?

a 諦めきれないのは『コンコルド効果』のせいかもしれません。

こんにちは。恋愛カウンセラーの桜井です。お話を聞かせてくださりありがとうございます。

中学生のときから片思いをしているのですから、もう結構長い期間、その女性のことを思っているということですよね。ここまでいくと、一途を通り越して『コンコルド効果』が働いている可能性があります。『コンコルド効果』とは、ある対象に金銭、時間、労力をかければかけるほど、執着心が増していき、このままいくと損をするということが分かっているにも関わらず、撤退できなくなることを意味します。これは心理現象の一つです。

たとえば、パチンコで既に十分負けているのに、「ここまできたのだから勝たなければ」と思い賭け続けてしまったり、「このキャストにこれだけ貢いだのだから、絶対に口説き落としてみせる」とヤル気が増してキャバクラ通いをやめられなくなったり。

他にも、人気レストランに入るために1時間も並んでいて足は疲れているのに、「これだけ待ったのだから絶対に食べる」と意気込んで並び続けることなどがあります。このように、人はお金や時間、労力をかけるほど、骨折り損のくたびれ儲けだという結果が予測できるのにやめられなくなります。このような心理現象が『コンコルド効果』です。

あなたのケースでは、あまりにも長期間に及ぶ片思いが『コンコルド効果』を生んだのではないでしょうか。彼女を思うためにかけた時間が長ければ長いほど、諦められなくなってしまいます。

151113sakurai

思い切って告白してみる

純愛という言葉もあります。確かに、一人の人をずっと思い続けることはなかなかできないことですし、それだけ好きになれる人に出会えること自体、滅多にない幸運なことです。しかし、損切りをすることも大事です。損切りとは、「これはうまくいかないかもしれない」と思ったら素早く撤退することを指します。つまり、実際の被害を被る前に、それが予測できた瞬間にやめるということです。

恋愛で損切りができる人は、恋で悩み苦しむこともありませんし、視野が広いので出会いの機会も多くあり恋人に恵まれます。区切りをつける意味でも、思い切って告白してみてはいかがでしょうか。そこで女性からの返事を聞いて、それが好ましいものであれば発展を考え、残念な答えが返ってきたら素早く損切りをして、新しいスタートを切ることをおすすめします。

いずれにせよ、この片思いの状態からは早く脱却した方が楽になれると思いました。検討してみてください。

●ライター/桜井(恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする