思わずキスしたくなる! 唇のトラブルをカバーするリップメイク術5つ

【相談者:20代女性】
最近リップを中心にするメイクが流行っていますが、いまいちうまくできません。

口紅を塗っても縦ジワが目立ったりカサカサしたりするし、口角も下がり気味。形がよくてぷるぷるの潤いリップをつくるにはどうしたらいいですか?

a リップコンシーラーを使って魅力的な口元に!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

リップは唇に塗るだけで表情が華やかになってイキイキする、メイクには欠かせないアイテムですよね。

とはいえ、口角が下がっている、輪郭がぼやけている、カサカサするなど、唇の悩みはつきないものです。

ぷるっとしたふっくらリップを手に入れるためには、メイクにひと工夫するのが◎。

今回は、美容業界で働く女性たちに“魅惑的な唇をつくるメイクテク”を伝授してもらいました!

151112haruna2

リップのトラブルにはコンシーラーを

唇の形に悩んでいるなら、コンシーラーを使うと◎。

リップを塗っても唇の色がにごってキレイに発色しない、くすんでしまうなどのトラブルを防止するためには、リップコンシーラーを取り入れてみましょう。

キレイに色がのって、口紅そのものの色を楽しむことができます。

『発色のよいレッドなど、おしゃれに色を楽しむならリップコンシーラーを使って。全体になじませて素の唇の色を整えてからのせるだけで、キレイな色が長持ちします』(28歳/ヘアメイク)

ありがち! リップトラブルのカバー術5つ

(1)口角が下がっている

口角が下がりがちだと、せっかくのリップメイクも映えませんよね。寂しげな印象を与えてしまう可能性も。

口角がキュッと上がったように見せるには、リップコンシーラーでひと手間加えます。

『口角が下がっている人は、下唇の口角にリップコンシーラーをトントンとなじませる。それだけですっきりとした口元に変身!』(32歳/美容師)

(2)縦ジワが目立つ

リップを塗ると縦ジワに入り込んでしまう。そんなトラブルにはリップブラシを使いましょう!

『まずは、口紅をシワに埋め込むようなイメージで、ブラシを縦使いにして塗ります。さらに、仕上げにはグロスを塗り、ツヤ感を与えてシワを目立たなくさせます』(28歳/美容部員)

『仕上げにグロスを下唇の中央に重ねるだけで、縦ジワが目立ちにくくなりますよ!』(31歳/美容師)

(3)唇が薄くて貧相

唇が薄いのでリップメイクをしても貧相な印象になってしまう。そんな人は唇を厚く見せる効果があるグロスを使いましょう!

『口紅を塗ったあとに、たっぷりのグロスを上下の唇につけ、中央には重ねてつけます。つややかでふっくらしたリップの完成です』(32歳/ヘアメイク)

(4)素の唇が赤すぎる

唇の赤みが強い人は、せっかくのリップの色がキレイに発色しません。そんなときはリップコンシーラーを使います!

『赤みを抑えたいなら、リップコンシーラーが一番。コンシーラーを唇全体に広げて、指でトントンとなじませます。その後にリップメイクをすると、リップそのものの発色が楽しめます』(32歳/美容部員)

(5)唇がガサガサしている

唇がガサついてリップメイクが上手にできないときは、メイク前にひと工夫。

『ベースメイクのときに軽くリップクリームを塗って、その上から口の大きさにカットしたラップを重ねて5分程度おきます(息ができるように穴をあけておくこと)。メイクするときには、ふっくら潤いのある唇になっているはずです!』(28歳/美容師)


流行のリップメイク。コンシーラーやグロスなどをプラスして使えばトラブルも解消できます! お気に入りの口紅のそのままの色を生かして、形のよいふっくらリップを楽しんでみてくださいね。

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

イラストで解説♡

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする