愛されてない? 彼氏が高価なプレゼントをくれない不満への向き合い方

【相談者:20代女性】
今年のホワイトデーに彼からプレゼントをもらいました。化粧品ブランドの12,000円くらいする限定コスメで、欲しかったものだったのでとても嬉しかったです。でも、後から友人に、「金額が安くない? ちゃんと愛されてるの?」と言われてしまいました。

周りの友人は彼からブランドものの財布やかばんをもらっているし、毎回デートは彼のおごりだと聞きます。私の彼はたまにおごってくれるけど、だいたいは割り勘か彼がほんの少し多めで、私もお金を出します。比べるのは良くないとわかっているのですが、私は彼に愛されていないのかと不安になってきました。

もうすぐクリスマスでプレゼントをもらうだろうし、思い切って高いものをねだったほうがいいのでしょうか? もし断られた場合は、愛されていないということでしょうか?

a “お金=愛情”じゃない! 大切なことは何かを考えて。

ご相談ありがとうございます。オンナのお悩み専門ライターのコマツです。

友達の彼と自分の彼を比べてしまったり、プレゼントの額を聞いてうらやましくなったりするのはよくあること。決して悪いことだとは思いません。しかし、そんな些細なことがきっかけで、不必要に不安を覚えたり2人の仲に問題が生じたりしてしまうのであれば注意しなければいけません。

151112komatsu

友達をうらやましいと思った経験は……

今回は、20代〜30代の女性に、「交際期間中、友達が彼からもらったプレゼントをうらやましく感じたことはあるか?」と質問をしてみました。「いつもうらやましかった」「うらやましく感じたことがある」と回答した人からは以下のような意見が得られました。

『友達の彼はみんな社会人だったけど自分の彼は年下で学生だったから、プレゼントも安物だったしデートも割り勘だった』(32歳/事務職)

『20代前半はブランドものが欲しかったので、彼からもらっている子がうらやましかった』(31歳/総合職)

続いて、20代〜30代の男性に、「金額が低いと愛していないのか?」という質問をしてみたところ、ほぼ全員が「いいえ」と回答。

『元カノと付き合っているときに見栄を張っておごっていたらそれが当たり前みたいな態度になってきたので、彼女にはおごらないようにしている』(28歳/営業職)

『金額で愛情を測る習慣が男にはないから。おごっているやつは自分の見栄もあると思う』(31歳/自営業)

『本当に好きなら、高いものをあげるよりその分、何回もデートをしたい(会いたい)と考えるのが男だと思う』(29歳/フリーター)

女性は、「好きな人には尽くしたい」「好きな人のためなら何かしたい」という考えの人が多いものですが、男性にはそういった心理はあまりないよう。つまり、男性の好きという気持ちの大きさとプレゼントやデートの金額は全く関係がないということですね。

今だけの付き合いか、将来を考えたい相手なのか。彼との付き合いはどっち?

もし彼があなたにとって今だけを楽しむための相手なら、プレゼントで相手の気持ちの大きさを測ってみるのもいいかもしれません。しかし、そんな陳腐な駆け引きを行っても得られるものは何もないでしょう。女性が服やコスメをたくさん買ってオシャレしたり、彼から素敵なプレゼントをもらって身に付けたりしたいと思うのと同じで、男性には友人との飲み会や趣味などに費やすお金が必要です。

自分が汗水たらして働いて得たお金を、結婚もしていない人のために使ってしまうことに抵抗を感じる男性も多いのではないでしょうか? 長く付き合っていきたい彼であれば、金銭的な問題は二の次にして、まずは2人の気持ちが通じ合っているかに目を向けたほうがいいでしょう。

社会人経験が浅いころは貯金がなくいつも「お金がない」と言っていた彼が、徐々に仕事で頭角を現し、出世して、結婚後は金銭的な心配もなくなり、「彼を選んで良かった」と満足している女性は意外と多いものです。お金や物で彼の気持ちを判断するのではなく、長い目で彼のことを見ていきませんか? そのなかで、本当に大切なのがお金やプレゼントなのか、それとも彼自身なのかが明確に見えてくると思いますよ!

●ライター/コマツマヨ(オンナのお悩み専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする