金額がバレる!? アメリカ人の彼がプレゼントのレシートを欲しがる理由

【相談者:20代女性】
アメリカ人の彼氏ができました。彼は、英語の教師として最近日本に来たばかりの人です。まだ付き合って2か月なのですが、もうすぐ彼の誕生日です。靴好きな彼に靴をプレゼントしようという話をして、「プレゼント、楽しみにしていてね!」と言うと彼が、「レシートも付けておいてほしい」と言ってきてびっくりしました。

次の私の誕生日プレゼントの予算の相場を知るためなのか、その金額で私の愛情を測るためなのかわかりませんが、非常にがっかりしました。やはり言われた通りにレシートを付けておくべきでしょうか。

a それは、合理的なアメリカ人の風習。彼に悪気はないはずなので安心して。

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。

付き合って2か月。まだまだ付き合いはじめの新鮮なラブラブ期間を楽しんでいるときに、いきなり「プレゼントにはレシート付けておいてね!」と言われると、ビックリすると同時になんかがっかり……というお気持ちもすっごくよくわかります! でも、なにもがっかりしたり、彼に幻滅したりする必要はありません。プレゼントにレシートを付けるという風習は、アメリカでは結構当たり前のことなのです。

プレゼントをもらってうれしい気持ちに変わりはないけど、ちょっと色が……とか、サイズが……という経験って誰にでもあると思います。そんなとき、アメリカではプレゼントにレシートを添えておくことで、そのレシートと品物を持っていって交換できるという、日本人からすると合理的すぎるとも思えるシステムが存在するのです。

そんな制度が普通なアメリカ出身の彼なので、きっともらった靴がサイズが合わず履けない! なんてことが起きないように、レシートもリクエストしたのではないでしょうか? 決して、金額で愛情を測るためではないはずですよ。

151112coco

プレゼントする側のちょっとした気遣い?

さて、その問題のレシートなのですが、「レシートをプレゼントに添えてしまうと相手に金額がバレてしまうじゃない!」と思われた方も多いと思います。実は、そのプレゼントに添えるレシートは、アメリカでは“ギフトレシート”と呼ばれ、金額は記載されていません。全米小売業協会の『NRF』によると、「2011年クリスマス返品調査」で61.9%の人がギフトレシートを添えてプレゼントを渡すと回答したそうです。

そして、「お店によって異なる返品条件にも注意してプレゼントを買うお店を選ぶ」と答えた人は、2011年の時点で90.1%にも上ったそうです。プレゼントした物が気に入らなかった場合は、気に入る物に交換して喜んでもらいたいという気持ちから生まれたこのシステム。返品大国とも言われるアメリカならでは! といった印象ですよね。

しかし、同じく全米小売業協会の『NRF』によると、プレゼントをもらった人のうちの64.5%は、2010年のクリスマスプレゼントでギフトレシートを利用して返品をしなかったそうです。「気に入らなかったら交換してね」という、プレゼントをあげる側のちょっとした気遣いとしても使える制度ですね。

ギフトレシートにまつわる経験者エピソード

アメリカ人と結婚して、現在アメリカ在住のTさんも、アメリカに来てこの制度にビックリした経験があるそうですが、この制度に納得したのは出産祝いをもらったときだとか。生まれてきた赤ちゃんに、かわいい靴を何足も何足もプレゼントしてもらったそうですが、どれもこれも歩き始めるころのサイズばかり。

「同じ時期にこんなに何足も履ききれないわ!」と思い、ギフトレシートを利用して1cm単位で異なるサイズに交換し、どの靴も大切に履かせてもらったと話していました。ギフトレシートがあったから無駄にせずに済み、とても助かったということで、それからはTさんも必ずギフトレシートを添付しているそうです。

また、Tさんの義両親も、お孫さんのために誕生日やクリスマスなど、年に何度もプレゼントを贈ってくれるそうです。ただ、現在60代の義両親は今のはやりがわからないため、一体何を買えば孫が喜んでくれるのかわからないことも。

『プレゼントを選ぶ自信がないけれど、ギフトレシートがあれば“気に入らなかったら交換してくれる”という安心感があるので、気軽にプレゼントが贈れる』と話しておられました。贈る側の、「気に入ってくれるかな?」という不安も解消してくれるのがギフトレシートなのですね。

アメリカ人男性と結婚して、現在日本在住のKさんは、まだ交際中だったころからもらうプレゼントには必ずギフトレシートが付いていて、「ロマンチックさに欠けるな」と残念に思ったこともあると話してくださいました。しかし、色が気に入らなかったり、せっかくもらった指輪が入らなかったりしたこともあったそうで、『プレゼントを選ぶセンスのない旦那には、必要不可欠な制度だ(笑)』と笑ってらっしゃいました。

お二人は現在日本にお住まいで、日本ではギフトレシートのサービスがあるお店が少ないので金額はバレてしまうけれど、それでもご主人は、アクセサリーや洋服、靴などのプレゼントにはレシートを添えて贈ってくれるそうです。


まだ日本に来て間もない彼ですから、もしかしたら日本ではギフトレシートのサービスがあまり普及していないことをご存じないかもしれません。日本のプレゼント事情をまずは話してみて、一緒に靴を選びに行くか、返品できるようにレシートを付けておくか、話し合ってみると良いかもしれませんね! 日本で初めての彼の誕生日。素敵なひとときをお過ごしくださいね。

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする