スムージーとどう違う? コールドプレスジュースの特徴とデトックス効果

【相談者:20代女性】
便秘やむくみが気になるので、デトックスのために毎朝スムージーを飲んでいます。でも、あまり改善されていないような……。友達からコールドプレスジュースを勧められましたが、スムージーとコールドプレスジュースは、デトックス効果が異なるのでしょうか?

a コールドプレスジュースの秘密をうかがってきました!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

スムージーとコールドプレスジュースは、どちらも素材は野菜や果物ですが、コールドプレスジュースには、スムージーでは実現できないデトックス効果を高める秘密があるようですよ。今回は、日本初のコールドプレスジュース専門店『SUNSHINE JUICE』取締役副社長・伊地知さんに教えていただいた、コールドプレスジュースのメリットをご紹介します。

151111nao

スムージーとコールドプレスジュースの違いは?

コールドプレスジュースの特徴は、その作り方を知ると分かるそうです。コールドプレスジュースは、素材を袋に溜めて熱を加えずプレスし、時間をかけてじっくりと“水分だけ”を搾り出して作られます。そのため、熱が加わることによる栄養素の損失がほとんどなく、素材の栄養素をまるごと摂取することが可能。また、不溶性繊維を分離しているため、消化に負担をかけないところも大きなメリットだそうです。

ボトル1本400mlのジュースを作るのに使われる素材は、なんと約1.5kg。繊維質などを除いた水分だけを、熱を加えずに搾るからこそ、栄養素を“たっぷり”と“生きたまま”摂取することができるのですね。

一方で、一般的なスムージーは、葉物野菜や果物をミキサーで細かく砕き、水や牛乳などとブレンドして作ります。普段の食生活では摂りにくい野菜や果物の栄養素を、家庭で手軽に摂取することができるのがうれしいですよね。ただし、ミキサーによる摩擦熱などで死活してしまう栄養素がありますし、繊維質も丸ごと摂りこむことになるため、コールドプレスジュースと比べて消化に負担がかかります。

“内臓をいたわる”ならコールドプレスジュース!

コールドプレスジュースは、内臓に消化の負担をかけずに老廃物を排出するはたらきをサポートすることが可能。毎日休みなくはたらいている内臓を休めながらデトックスに専念することができるため、便秘やむくみ、肌荒れの改善効果だけでなく、内臓機能を活性化して代謝を高める効果も期待できるのだそうです。

暴飲暴食が続いている場合や、野菜や果物を摂取してもなかなか不調が改善されない場合は、消化・吸収のはたらきが減退している可能性があります。そんな場合は、内臓をいたわることができるコールドプレスジュースがぴったりと言えそうですね。


毒素や老廃物を排出し、体内のはたらきを活性化させる効果が期待できるコールドプレスジュースでのジュースクレンズ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
コールドプレスジュース専門店『SUNSHINE JUICE』取締役副社長・伊地知さん
・日本初のコールドプレスジュース専門店『SUNSHINE JUICE』(http://sunshinejuice.jp/

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする