10回さするだけ! 顔のくすみを改善するカンタン“全身”マッサージ法

【相談者:20代女性】
もうすぐ30代。毎日、乳液や美容液で洗顔後のスキンケアを欠かさないようにしているのに、肌の透明感がなくなってちょっと黒ずんできたような気がします……。シワやシミはできるだけ防ぎたいし、ハリと透明感のある肌を保ちたいのですが、毎日のスキンケアだけでは不十分なのでしょうか。

a 内側からのケアも欠かさずに。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

女性なら誰でも、「いつまでも美しい肌をキープしたい」と思うもの。毎日、洗顔後の保湿ケアを欠かさずおこなっているのは素晴らしいことです。保湿ケアで水分が蒸発するのを防ぐバリア機能を高めることで、ハリや潤いをキープしやすくなりますよ。

ただし、洗顔後のスキンケアは“外側のケア”。これに合わせて“内側のケア”もおこなうことで、さらに肌細胞を若々しく健康的な状態で維持しやすくなります。

151110nao

肌のくすみの改善には“全身のめぐりをよくするマッサージ”

『経路リンパマッサージ協会』会長の渡辺佳子さんは、著書『朝1分できれいになる即効リンパマッサージ』の中で、以下のように述べています。

『肌が透明感を失い、黒ずんで見えるのは、身体全体のリンパや血液の流れが滞り、内臓機能が衰え、エネルギーが失われているサインです。ですから、いくら顔色が冴えないからといって、顔の肌だけをケアしても改善されません。全身のエネルギーを高め、身体全体を活性化する必要があります』

体の末端である肌表面への体液循環が滞り、顔色が悪くなっている場合は、全身の体液循環が滞っている可能性大。体液循環が滞ると栄養が不足して老廃物が溜まってしまい、老化を促進させてしまいます。顔の肌ケアだけでなく体全体のめぐりを促進するマッサージを取り入れることで、健康的で若々しい状態へと整えやすくなりますよ。

“お腹”と“足”をマッサージしよう

マッサージと聞くと、「難しそう」「毎日は面倒……」と思うかもしれませんが、実は“さする”だけでも体液循環をスムーズにすることができるんですよ。たとえば、足先が冷えているときに片足の甲を10回ほどさすってみてください。さすった方だけピンク色になり、血管が見えてくるはずです。

全身の体液循環をスムーズにするためには、上半身へと体液を送る下半身のめぐりと、体の中心であるお腹のめぐりをよくすることが大切。顔の肌ケアに加えて、足とお腹をさするマッサージを取り入れることをおすすめします。

お腹は胸のすぐ下から足の付け根の方まで、手のひらで大きく円を描くようにさすります。時計回りに、ゆっくり10回ほどさすりましょう。足は足先から足の付け根に向かって、体液を持ち上げるようなイメージで。少し圧をかけながらさすり上げます。

洗顔後のスキンケアと合わせておこなうと、毎日、無理なく続けられるのでおすすめです。冷えが気になったときは体液循環が滞っているサインですので、その都度おこなうとよいでしょう。ぜひ、毎日のマッサージで全身のめぐりをよくし、美肌を実現する肌環境へと整えてくださいね。

【参考文献】
・『朝1分できれいになる即効リンパマッサージ』渡辺佳子・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする