思い込みは捨てろ! 「外見より中身が大切」と言う人がモテないワケ

【相談者:20代男性】
ぼくはファッションに無頓着です。周りからは、「もう少しオシャレに気を使わないと彼女できないよ」なんて言われます。でも、ファッションとかヘアスタイルとか言われると、外見より中身が大切だろ、と反発したくなります。

もっと自分の中身を見て欲しいしそういう人に出会えると信じています。ただ、全然彼女もできないし、かと言って急にオシャレに気を使うのもなんだか周りに対して恥ずかしいし、とうじうじしています(笑)。何かアドバイスをいただけますでしょうか。

a 外見と中身は二者択一という思い込みを捨てて、両方楽しみましょう。

日常の迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

あなたが外見より中身が大切だという強い信念をお持ちなら全然問題ありませんよ。それでいいんじゃないでしょうか。……って言い切っちゃうとこれで終わってしまいますので、もう少し引っ張りたいと思います(笑)。

たしかに、「男は中身で勝負」なんて言いますが、心理学的にはそれだけでもなさそうです。まずはそんな事例をご紹介しますね。

151103sakisaka

数字が語る外見の重み

心理学者エドワード・ソーンダイクが提唱した概念に『ハロー効果』というものがあります。人を評価するとき、目立った特徴に引きずられて他の特徴についての評価も影響されてしまう現象のことです。社会心理学者ロバート・B・チャルディーニ博士は著書『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』の中で、さまざまなハロー効果を紹介しています。

たとえば、1974年のカナダ連邦選挙の結果では、外見が魅力的な候補者はそうでない人の2.5倍の票を獲得しました。あるいはアメリカとカナダで実施した調査では、魅力的な労働者のほうがそうでない人に比べて平均12~14%も多く給料をもらっていたそうです。

ペンシルバニア州での調査では74人の男性被告をあらかじめ分類していたところ、ハンサムな男性のほうがずっと軽い判決を言い渡されていることがわかりました。さらには、過失の模擬訴訟に関する研究によると、被告のほうが犠牲者より外見がいい場合、平均5,623ドルの損害賠償の支払い判決を受けましたが、逆の場合は平均10,051ドルでした(苦笑)。

外見が魅力的な人とそうでない人とをどんな客観的基準で分類したのか突っ込みたいところです(笑)。しかし、ある程度のサンプル数を確保しての調査ですから、やはりそのような傾向があると見てよいでしょう。

損害賠償の支払額を比べるまでもなく、就活中の方はほぼ全員身だしなみに気をつけています。そのことから見ても、外見をそれなりに魅力的にしておけばその人のイメージは上がる、というハロー効果が浸透しているってことですよね。

運命の人に見つけてもらうために

外見というものの意味をもう少し別の角度で見てみましょう。あなたは自作のアクセサリーをご自分のWebサイトで販売しているとしましょうか。毎日寝る間も惜しんで作ったアクセサリー、他の店のものと比べても超ハイクオリティです。

ただ、残念なことにWebサイトは重くて画像が表示されるまで10秒くらいかかるし、なんだかサイトの構造もごちゃごちゃしていてどこに何があるかもわからないし……おまけに、誰かがググっても検索結果ページに全く登場しなかったとしたら、そのアクセサリーは売れるでしょうか?

本当にそのよさを理解してくれる審美眼の持ち主も、あなたのWebサイトにたどり着かなければ、評価する機会さえないですよね。本当に素晴らしいアクセサリーなら、あなたはそれを審美眼の持ち主が見つける機会を作らなければならないわけです。具体的には画像がパッと表示されるように軽くするだけでなく、検索エンジンがちゃんと検索結果にページを出してくれるようにWebサイトの仕様を“お化粧”する必要があるのです。

男女の出会いもこれと似ているのではないでしょうか。あなたが運命の人に中身を知ってもらうために、女性の“検索結果”に引っかかるような最低限の仕様を整える必要があるかもしれません。そうでないと、あなたの存在そのものが気づかれない可能性があるからです。

外見と中身は対立するものではありません

もちろん、“外見より中身が大切”というあなたの信念をねじ曲げて、外見だけを薄っぺらく磨こうと言っているのではありませんよ。もちろん中身は超大切です。

ただ、ぼくがちょっと気になるのは、あなたが外見と中身をまるで対立する両極のようにとらえている気がしてならない点です。外見と中身は対立するものでも矛盾したものでもありません。どっちも磨いて、どっちもイイオトコになればいいのです。

あなたの本質を変える必要はありません。あなたはあなたのままでいいのです。10円玉は汚れていても10円の価値がありますが、お酢につけるとピカピカになります。10円の価値はそのままですが、ピカピカの10円玉にはつい目が行きますよね。外見を磨くって、そんなことかもしれません。

とはいえ、いきなりピカピカにオシャレするのもアレでしょうから(笑)、“おしゃれ コーデ”みたいにググッてみて、マネできるところからちょっとずつアイテムを増やしていってはいかがでしょうか。いい出会いがありますように!

【参考文献】
・『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』ロバート・B・チャルディーニ(著)

●ライター/咲坂好宥(心理分析士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (11)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする