フィンランド人男性が思う日本人女性の3つの不思議

こんにちは! 海外情報研究家の舞子です。

今回は、国民の幸福度や、教育そして福祉の充実度に関する世界的なリサーチにおいて、常に上位に君臨する「フィンランド」の男性に、インタビューしました。彼の名前はJuha(以下ユハ)。日本での生活に慣れ始めたころ、ユハさんは日本人女性に対する様々な面白い点を発見したのだとか。

(1)なんで日本人女性は内股で歩くの?

「日本人女性ってとてもオシャレで可愛い! でも、内股で歩く女性が多くてビックリしました。あれは何故なんですか? とても可愛い人なのに、歩き方がヘンだとせっかくの美貌が台無しだなあと思った覚えがあります。内股はお願いだからやめてほしいなって思いました(笑)」

確かに、内股歩きが可愛い、という変な風潮がここ日本にはなきにしもあらず……。ユハさんのような外国人にはとても奇妙に見えるようです。

(2)イエス? ノー? ハッキリして!

「日本で暮らしてみて初めて気付いたんですけど、日本の文化では、しばしば曖昧に返事をするほうが相手に対して親切だということがありますよね。ハッキリとものを言ってくれたほうがこちらとしては嬉しいんですが……。特に女性は、そういう“強め”の発言をすると可愛いらしさに欠ける、みたいに思っているところがあるのかな? なんて感じていました。でもこちらとしては、ハッキリとイエス・ノーが言える女性の方がうんと魅力的に思います」

筆者が、日本には「女は男の3歩あとをついていく」という言葉があることを教えると、ユハさんは驚愕しておりました。

(3)食べないの!?

「ちょっといいなぁと思っていた日本人の女の子がいて、その子と初めて食事にいったときに、あまりにも小食でビックリしたことがあります。え? もう食べないの? って。でも、実はあとからその子が僕の彼女になったんですけど、普通に僕と同じくらいの量を食べるんですよ(笑)。付き合う前は小食だったのは何故? と聞いたら、“だってなんか恥ずかしくて”って言われました。そんなことないのになぁ。僕は健康的にきちんと食事を楽しんで、その分運動をして体型を気にかける方がずっといいと思うんですよね」

ついつい好きな人の前だと小食を演じてしまう……。そんな経験、女子なら一度はありますよね? でもどうやら、彼らにとってはその茶番劇は逆効果なようです。


いかがでしたか?

外国人男性の視点で日本人女性の特徴を挙げられるととても興味深いものがありますよね。取材していて思ったのですが、彼らにモテるには「猫をかぶらないことが一番」だと思います。

無理に飾らずに、自然体でいることが、国際恋愛を楽しむ秘訣なのかもしれません。

●ライター/舞子(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする