好きかどうかワカラナイ!? 男性が自分の気持ちを言葉にできないワケ

【相談者:20代女性】
私の彼は普段からあまり「好き」と言ってくれません。この前、「好きなら好きって言ってくれないと分からない!」と伝えたら、しばらく黙った後に、「好きかどうか分からない」と言われてすごくショックでした。付き合って3年ちょっとですが、私がSNSとかでいつも好きって気持ちを伝えていたのがバカみたいです。男の人って好きかどうか分からなくても付き合うものですか?

a 男性には感情を抑え込む傾向があります。

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

愛情表現をしてもらえないもどかしさ、そして、追い打ちをかけるように「好きかどうか分からない」と言われたショック。お気持ちをしっかりと受け止めさせていただきました。今回は心理学でいう『インプリンティング(刷り込み)』から、男性の恋愛感情の傾向性についてひも解きたいと思います。

151029sayuri

「男の子なんだから、我慢しなさい!」

子どものころ、転んで泣いていると、「男の子なんだから、それくらいのことで泣かないの! 我慢しなさい!」。小さな男の子が人前でママに甘えていると、「あら~男の子が恥ずかしい」。ましてや下に弟や妹がいると、「お兄ちゃんだから……」。

そんな言葉は特別なことではないように思われるかもしれません。しかし、こういった幼少時からの大人の言葉が子どもの心にしっかりと刷り込まれます。男の子は小さいころから自分の感情を抑え込み、感情に目を向けないようにするトレーニングを受けながら育つ傾向があります。特に、3歳までに妹や弟ができると、刷り込みの傾向がさらに強く見られます。

“好き”というのもひとつの“感情”

幼少時のインプリンティングの影響はとても強く、成人後にも大きな影響を与えます。“好き”という気持ちも恋愛感情のひとつ。好きであることを意識して付き合い始めたにも関わらず、時間の経過とともに恋の始めには大量に分泌されていた恋愛ホルモン『PEA(フェニルエチルアミン)』の分泌が減少します(これについては、以前のコラム『浮気を防ぐ恋愛ホルモンを分泌させる方法』でも詳しく書いています)。そうなると今度は幼少時の刷り込みで“好き”という感情を無意識のうちに抑圧してしまいます。

問い詰めるのは逆効果!

男性は“好き”という感情を無意識のうちに抑圧してしまっているだけなのです。そこで「好きかどうかはっきりして!」と感情的に問い詰めてしまうとどうなるでしょうか。好きかどうかは分からないけど一緒にいて居心地がいいから付き合っているような場合、居心地がいいという“快”の状態から責め立てられるような“不快”の状態になってしまいます。最悪、「好きかどうか分からないのが申し訳ないから」と別れを切り出されてしまうかも。

デートのときに楽しそう。一緒にいるとホッとしたような表情を見せる。何かあったら心配してくれる。大切な日には一緒にいてくれる。そんな状況であれば、彼はきっとあなたのことを無意識ながらもちゃんと愛してくれているでしょう。


もしあなたが第二子以降であれば、幼少時から自分の感情を奔放に表現しても誰からもとがめられずに育たれた可能性が高いです。したがって、感情を抑え込むということが理解しづらいかもしれませんが、彼の態度をよく読みとって、彼を信じてあげてくださいね。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする