細さよりも比率? 下半身デブでも男性にモテる“くびれ”の法則

【相談者:20代女性】
小さいころから、下半身が太いことがコンプレックスです。流行のホットパンツも履けなかったし、いつもロングスカートや体型を隠すふんわりしたシルエットの服ばかり着ています。運動が好きなのでウエストのサイズは割と細いのですが、頑張っても太ももやお尻の大きさがあまり変わりません。付き合っている彼は今のままでいいと言ってくれますが、細い人を見るとやっぱり羨ましいです。どうしたら自分に自信が持てるでしょうか。

a お尻とウエストの差が大きい“くびれ女性”は、世界中の男性に支持されています。

こんにちは。多くの日本人女性に“上半身と下半身のミスマッチ”という試練をお与えになった神様に抗議するデモ隊長、木野紫です。

私の周りにも、他のパーツに比べてお尻や太ももが大きく、それがコンプレックスだという女性が結構います。ご相談者様は現在付き合っている彼氏さんから、「今のままでいい」と言われているにも関わらず自信が持てないとのことですので、今の体型に自信が持てる情報をお伝えしたいと思います。

151027kino

(1)細さよりもウエストとヒップに差があることが大切

テキサス大学のデヴェンドラ・シン教授が、世界のさまざまな年代、文化圏の男性を対象に長年行った研究では、国や年代を問わずどの男性にも人気があるのは、“ウエストとヒップの差が7:10の女性”であることがわかっています。ウエストが細くても、お尻が小さくくびれが目立たないスタイルより、ウエストとヒップの差が大きい女性の方に魅力を感じる男性が多いということです。

(2)ヒップが100cmでもウエストが70cmなら魅力的

この法則でいくと、たとえヒップが100cmあっても、ウエストが70cmであれば男性の目には魅力的に映るということになります。実際にデヴェンドラ教授の行った調査では、細い太いに関係なく、ウエストとヒップの差が7:10のイラストが一番男性に人気があったそうです。

女性は妊娠が可能な年代になると腰に丸みを帯び、くびれのある女性らしい体型になります。これは女性ホルモンの分泌が活発になるからです。子どものころはもちろん、年を取ることでもこのくびれは徐々になくなり、寸胴な体型に戻ってしまいます。男性が女性のくびれに無意識に反応してしまう理由もこの辺りにあるようです。

(3)ウエストとヒップの差は健康の証し

また、肥満度をみるときに『BMI』という体格指数が使われますが、身長と体重だけで数値を出す『BMI』は、筋肉質な人と脂肪ばかりの人が同じ数値になってしまうというデメリットがあります。これを解消するもう1つの指数として、『WHR(Waist-Hip Ratio=ウエストとヒップの差)』というものがあり、ウエストとヒップの差が大きい人ほど内蔵脂肪が少なく、成人病のリスクも少ない傾向があるとされています。


いかがでしょうか。相談者様のように、脂肪を蓄えやすい女性が運動や食事制限でくびれを保っている状態が、一番健康的で美しいんですよ。彼氏さんもそんな相談者様にメロメロのはず。じゃんじゃん自信を持ってくださいね。

【参考リンク】
Office of the General Faculty | THE UNIVERSITY OF TEXAS
体型/肥満について | サントリーウエルネスのダイエット情報館

●ライター/木野紫(未モテ女子応援隊長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする