お腹も心もスッキリ! イライラ解消に効く腸内環境を整えるコツ3つ

【相談者:20代女性】
最近イライラすることが多く、ついつい暴飲暴食に走ってしまいます。そのせいか便秘や肌荒れもひどくなってきました。イライラしてしまうと、自分ではなかなかおさえられません。便秘や肌荒れを改善するためにも、暴飲暴食しなくて済むように心を落ち着かせたいのですが……何か良い方法はありませんか?

a 秋は“イライラしやすい季節”。腸内環境を整えれば心も整います。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

気候の変化が激しく夏の疲れが抜けきっていない秋のはじめは、自律神経が乱れて腸内環境が悪くなりやすい季節。便秘や肌荒れ、イライラが起こりやすい季節なんです。もしかしたら、イライラの原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。

151023nao

腸は“第二の脳”

腸には多くの神経細胞が存在し、脳と連携して体内のはたらきを調節する自律神経をコントロールしています。そのため“第二の脳”と呼ばれることも。幸福を感じたり精神を安定させたりするはたらきのある脳内の神経伝達物質『セロトニン』は、9割以上が腸内で生成されています。そのため、腸内環境が乱れていると心もスッキリせず、便秘や肌荒れなどの体の不調とイライラなどの心の不調が同時に発生しやすくなります。

『「ブランでスッキリ!」委員会』が首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の20~50代女性400名に実施した秋の女性の悩みに関する調査では、約3割(32.8%)の女性が秋に便秘で悩んでおり、そのうち約4割(38.9%)は食べ物をおいしく感じない傾向にあることが判明。その数は、便秘の悩みのない女性の約2倍にのぼりました。

また、約6割(57.3%)と半数以上の女性が、夏から秋の季節の変わり目に食べ過ぎによって胃腸の不調を感じていることも判明。秋は心も体も乱れやすい季節と言えそうです。

腸内環境を整える3つのコツ

秋のイライラや暴飲暴食や便秘、肌トラブルを予防・改善するためには、腸内環境を整えることが大切。次の3つのコツを取り入れながら、毎日の食生活や運動習慣を見直すことをおすすめします。

(1)朝起きたら、コップ1杯の白湯を

朝起きたら白湯をコップ1杯いただきましょう。腸を刺激して蠕動運動を活発にし、代謝をアップさせる効果が期待できます。秋は朝晩に冷え込むことも多いですから、内臓を温めてはたらきを活発にするのにも役立ちます。

(2)“の”の字マッサージで腸を活性化

お風呂では、湯船に浸かって温まりながらお腹に“の”の字を描くように、時計回りにぐるぐるとマッサージ。腸を刺激して排便を促す効果や、体内の体液循環を促す効果が期待できます。ゆったりリラックスしながらお腹をマッサージすることで、心を穏やかな状態へと整えることも可能。お気に入りの音楽や香りに癒されながらおこなうのがおすすめです。

(3)バランスの良い食事と運動を

腸内環境を整えるためには、食事と運動のバランスを整えることが不可欠。食物繊維や納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に食べて腸を掃除しましょう。運動不足は便秘の大きな原因の1つ。毎日少しでも運動を取り入れることが大切です。

お腹を整えると心も整う

心と体はつながっています。体内のはたらきが滞ると、心も詰まって幸せを感じにくくなってしまうのです。腸内環境が改善されると心が落ち着きやすくなるだけでなく、便秘や肌荒れも改善してさらにハッピーを感じやすくなりますよ。ぜひお腹を労わる生活の工夫を取り入れてみてください。

【参考リンク】
秋の味覚を楽しむ秘訣は、朝食に〈小麦ブラン〉!! | 「ブランでスッキリ!」委員会

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする