行動が伴ってナイ! “口だけ結婚願望女”を卒業する方法

【相談者:30代女性】
ずっと結婚したいと思っているのですが、良縁に恵まれません。家庭的だと思いますし、収入も並程度、顔もスタイルも性格も中程度だと自分では思っています。結婚には全く興味を示さなかったような人がどんどん結婚していって不公平感があります。私はどうして結婚できないのでしょうか。

a 本当に結婚したいと思っていないからです。

ご質問ありがとうございます。ライターのPink-Lemonadeです。

結婚は確かにタイミングの要素が強いものではあります。でも、本当に望んでいる場合は、そこに近づくような行動を知らず知らずのうちに取っているものです。

たとえば、ボランティア活動で奉仕精神を発揮したり出会いを広げたりしたいとずっと言いつつも、現実的に時間がないと嘆いている人がいます。こういう人は他のことを優先的に考えているため、いつまでたっても実現に至りません。本当に望んでいれば、他のことを削って時間を割くでしょう。

151014pink

自分にとって何が足かせとなっているのか

質問文からは、何が質問者様から結婚を遠ざけているのか見えてきません。結婚という未知の世界に飛び込む恐怖なのか、他者を受容することへの抵抗感なのか、過去の恋人を引きずっているのか、はたまた、他のことを優先しているのか。人によってさまざまな理由がおありかと思います。

『心から好きになれる男性と出会えれば、結婚向きになれるように努力する気持ちはあります』(事務職/30代女性)

このように、まず出会いを求める人もいます。でも、結婚に抵抗がある女性にそんな素敵な出会いが向こうからやってくるものでしょうか。失くしものを探すときに、部屋を整理したり、当たりをつけたり、過去の行動を思い出したりという作業がなくすんなりと出てくるものかどうか、考えてみていただきたいと思うのです。

好きなことには、現実的な行動が伴う

佐藤優氏は、その著書『逆境を乗り越える技術』の中で、高校の倫理・社会の先生の話としてこのように述べています。

『自分が見ている限りにおいて、本当に好きなことをやって食っていけない人はひとりもいない。(中略)本当に好きなことだったら絶対に食っていける』

専業主婦で食べていく、という場合は極端ですが、夢の実現全般について言えることではないでしょうか。また、彼は以下のように記述しています。

『本当に好きなことをやっている人は、妄想を追いかけていない限りは必ずそこに現実的な手続きが入ってきます』

本当に望んでいれば、実現に向けた行動を取り始めるのです。

自分自身しか答えを知らない

では、現実的にどういった行動を取れば良いのでしょうか。まずは、問題点を洗い出して解決するという作業を行ってみると、さまざまなことが見えてきます。原因が特定できない方は、環境を変えてみる、友人に相談する、婚活セミナーに行ってみる。そんなところから洗い出しても良いと思います。

結婚に近づく手段はいろいろと考えられますが、それがうまくいく人もいれば、いかない人ももちろんいます。一見結婚とは関係がなさそうな得意分野で輝いてみることで良い出会いを見つけたという例もあります。

人は一人ひとり、性格も、置かれた状況も、これまで歩んできた環境も違います。ですので、方法は自分自身で見つけるしかありません。直感的に「これだ!」と思うものがあれば行動に移してみて、違うな、と思ったら撤退することも考えてよいと思います。結婚についての妄想を修正しながら自分自身の意識を変え、情報を収集し現実に反映させていきましょう。

【参考文献】
・『逆境を乗り越える技術』佐藤優・石川知裕(共著)

●ライター/Pink-Lemonade(恋愛・婚活・結婚生活分析家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする