相手によっては長所!? いつも恋人にしつこくしてフラれる男の救済策2つ

【相談者:20代男性】
こんにちは。僕は恋愛が続かなくて悩んでいます。しかも、いつもフラれてしまいます……。自分でもわかっているのですが、僕は彼女にしつこくしてしまう傾向があるんです。絶えず連絡を取りたいし、いつも彼女が何をしているかを共有したいんです。自分でもちょっと重いのかなぁとは思うのですが、やめられません……。どうしたらいいでしょうか?

a 愛情表現の方法を少しだけ変えてみるか、“そういう恋愛”が好きな相手を見つけましょう。

こんにちは。欲望デザイナーのriiihoです。ご相談ありがとうございます。

自分の恋愛スタイルを変えるというのは、簡単なように見えて実はとても難しいこと。質問者さまも、自分がしつこくするのを直せばいいということはとっくにわかっていらっしゃるようですね。しかし、連絡を控えて自分の気持ちに逆らった行動をするのは同時にストレスにもなりえます……。

そこで、まずは“しつこく”する方向性を少しだけ変えてみることを提案しようと思います。それが難しいようだったら、いわばそういう“縛り、縛りあう”恋愛が好きな相手を見つけましょう。世の中にはそういう女性も数多くいるものです。まずは1つ目の方法から考えていきましょう。

151008riiiho

恋人にしつこくしてフラれてしまうときの対処法2つ

(1)“しつこい”か“情熱的”かは紙一重です

正直なところ“しつこい”というのは否定的な言い方ですが、同時に情熱的という肯定的な言い方もできます。情熱的で愛情表現が豊かな男性は女性に喜ばれます。それでは、“しつこい人”と“情熱的な人”を分けるものは何なのでしょうか。女性たちに聞いてみました。

『わたしのことを管理したがるようなそぶりを見せられると、しつこくて嫌だなぁってなるかな。あぁ、知りたいんじゃないんだな、この人は安心したいだけなんだなぁって。すごい独りよがりに思える』(23歳女性/大学生)

『情熱的な人って聞くと、感受性が豊かでいろいろな幅を持ったやり取りや付き合いができそう。しつこい人は、ただ自分の欲求を満たすために同じことを繰り返しているだけって感じ』(26歳女性/アパレル勤務)

このように、女性は男性の行動がどの方向に向いているかに着目していると言えそうです。自分が安心したいがための自分ありきの感情は、残念ながら独りよがりと呼ばれがちなようです。しかし、それが相手を喜ばせるためであったり相手を深く理解したいためであったり、プラスな側面になればむしろ高評価にもなりえるのですね。

(2)気持ちのバランスが取れた恋愛をすればいい

ただ、一言で相手を第一に考えた恋愛をしようと言っても難しいもの。方法論が思い浮かばないという方も多いでしょう。2人の関係性のありかたや、お互いの付き合い方によってそれは異なります。もしそんな風に考えながら恋愛をすることは難しくて無理そうだ……と思うのなら、同じような恋愛スタイルの女性を見つけるべきです。

気持ちがつりあっていて、同じように連絡のやり取りをしたり同じようにお互いへの気持ちがあったりすれば、しつこいと思われることはありません。お互いの中で深くていい恋愛ができているとむしろプラスに働くはずです。そして、そういう恋愛を欲している女性は案外多いのです。

『やっぱり、しつこいぐらいに好きでいてくれる人がいいなぁ。そういう人の方が、幸せになれるよね』(21歳女性/大学生)

『何考えてるのかわからなくて、ロクに好きとかいってくれない相手はやっぱりさびしいかも。直球ストレートで思いっきり好きになってくれる人と恋愛がしたい』(25歳女性/飲食店勤務)

誰かをとことん好きになれるというのはあなたの長所でもあります。どこかでブレーキがかかったり、嫌なところばかりを見てしまったり……という人は多いもの。むしろ、器が大きく好きな人のことをどこまでも受け止められると自信に思ってもよいでしょう。

“愛したい”と“愛されたい”のバランスを取ることは難しい

いかがでしたか。愛したいという気持ちと愛されたいという気持ちのバランスを取ることはとても難しいことです。自分の中でも大変なことなのに、相手がいるとなるとそれはもっと大変なこと。大きな愛を持ったあなたを同じぐらいの気持ちで受け止めてくれる人が現れることを祈っています。

●ライター/riiiho(欲望デザイナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする